電気の維持はしっかりと…。

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

早速ですが、今回紹介するモノはコチラ。

 

 

 

バッテリー充電器、

OptiMATE 1 PLUS!

 

 

 

中村が個人的に購入したのですが、

その理由が至極単純、

「バッテリーがあがったから」。

 

 

というのも、ここ最近のバイクって

バッテリーがあがってしまうだけで

何も出来なくなってしまうんですよ...。

ある意味電動バイク。

 

一昔前のバイクであれば、

バッテリーがあがってしまったら

・(レバーがあれば)キック始動

・押し掛け

~という技で切り抜けられましたが、

今現在のバイクではこれが不可能。

 

 

おまけに、バッテリーがあがると

・バッテリーの買い換え

・バッテリーの交換

~などなど、お金も手間も掛かるので、

自宅の駐車場にコンセントがあれば、

普段は充電したままにして

乗る時だけ充電器を外すのがオススメ。

「バッテリーの交換なんて簡単だろう」って?

それが面倒なんですよ、990スーパーデューク...。

 

 

 

中身はこんな感じ。

右が充電器本体で、

左上の2つがアタッチメント。

 

 

 

充電器本体の先端は

このような形状になっていますので、

この端子にお好みのアタッチメントを

取り付けてから充電する仕組み。

 

 

 

こちらはポピュラーな"ワニ口ケーブル"。

 

バッテリーにアクセスしやすい車種は

これで大体充電出来ます。

赤いクリップをバッテリーの+端子に、

黒いクリップを-端子に咬ませて

充電器をコンセントに挿すだけ。

 

 

ただ、中村の乗る990デュークのように

バッテリーが変なトコロにあると、

「毎度毎度分解するのが面倒...。」なんて

事にもなりかねません。

 

その場合は。

 

 

 

一度バッテリーを外す必要がありますが、

こちらの形のケーブルを

バッテリーと共に留めておくことで、

二度目以降はバッテリーを外すことなく

簡単に充電が可能です。

 

 

 

これが取り付け例。

「全然わかんないよ」って?

ええ、こんな画像じゃ自分でもわかりません。

 

 

 

ただの独り言ですが、

アンダーカウルを外して

ごちゃごちゃしたハーネス共を避けて、

 

 

 

この(外しづらい)カバーを外さないと

バッテリーに触れないってどうよ...。

余談ですが、イマドキのデュークシリーズは

ちゃんとシート下にバッテリーがあります。

"マスの集中化"以前に、やはり面倒だったのでしょうか。

 

 

 

尚、990デュークの場合、

先述のカバーに穴を開けておかないと、

充電用ケーブルを締めても

カバーが締められないのでご注意を。

(画像はまだ穴開けしていません)

990デュークを狙っている人は気を付け...~誰も狙わんか。

 

 

 

~んまぁ、気を取り直して...。

 

 

バッテリーにケーブルを共締めしたら、

あとはケーブルと充電器を繋いで

コンセントに差し込むだけ!

 

 

 

ちゃんと繋がっていれば、

充電器本体のランプが

このように光ります。

 

あとは中央のランプが消えて、

右側のランプが光るまで放置!

 

 

バッテリーに問題がなければ、

突然あがることの多い冬場などでも

これで乗り越えられる事が多いです。

 

既に1度あがった事のあるバッテリーを充電する場合は、

充電完了後に念の為試走などをして様子を確認しましょう。

最悪の場合、一回だけエンジンが掛かって、

出先で掛からなくなるという可能性もあります。

一度スポーツスターでやった事がありますよ、ええ...。

 

 

 

 

―――――――――――

tecMATE(岡田商事)

OptiMATE 1 PLUS

\7,000+税

―――――――――――

 

 

 

 

OptiMATE 1 PLUSだと、

普通の鉛バッテリーも

リチウムバッテリーも

お構いなしに充電が出来る他、

バッテリーの劣化を防ぎつつ

満充電の状態を維持する機能もあり、

半ばほったらかしで使えるお手軽さも◎!

 

 

 

併せて、上位モデルも紹介。

 

 

こちらのOptiMATE 4では、

リチウムバッテリーこそ非対応ですが、

バッテリーの状態を診断したり、

劣化してしまったバッテリーを

回復してくれる機能が備わったりと

至れり尽くせりな仕様。

 

多少程度のヘタリであれば、

バッテリーを買い換える事無く

良好な状態まで甦らせられるうえ、

こちらもOptiMATE 1 PLUS同様に

繋ぎっぱなしで使用出来ますよ。

 

 

 

―――――――――――

tecMATE(岡田商事)

OptiMATE 4 Ver.3

\13,000+税

―――――――――――

 

 

 

使い勝手の良さはそのままに、

更に強力なモノが欲しい方には

こちらのOptiMATE 4がオススメ!

 

 

 

 

通勤やツーリングなど、

「行くぞ」という時の突然のトラブルを

未然に防いでくれるバッテリー充電器。

 

バイクの車種を問わず、

1つ持っていると何かと便利ですよ。

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!