エンデューロ・パートナー

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

今回は久々に新商品の紹介。

 

バーゲンセール時のイベントなどで

何かとお世話になっている、

マーキュリープロダクツさんから

新しいグローブが登場しました!

 

 

 

デデンッ。

 

今回入荷した新作、

エンデューログローブです!

 

 

聞き慣れない人もいるであろう

エンデューロという単語ですが、

物凄くざっくり表現すると、

悪路を素早く攻略する運転技術や

長時間走り続ける体力(持久力)、

整備する技能などなど、

あらゆる面でのポテンシャルを試される

極めて過酷なオフロード競技。

~で合ってますよね...?

スミマセン、オフロードって興味津々ですが未経験なんです...。

 

 

そんなエンデューロに向けて創られた

今回のグローブ、一緒に見てみましょう。

 

 

 

こちらはプロテクター。

 

ロードレース以上に

環境や乗車姿勢の変化が激しい都合上、

動き(関節)を阻害しない部分にだけ

プロテクターが付いています。

 

 

  

こちらは掌(てのひら)側。

 

 

全面にシリコンを使用する事で、

ガタガタ・ボヨンボヨンと

とにかく跳ねまくるオフロードでも

滑らずにしっかりハンドルを掴めます。

注:万一転倒した際に腕を折る確立が非常に高いので、

オンロードではなるべく使用しないで下さい。

 

 

~と、ここまでは、

よく見かけるオフロード用グローブ。

 

 

しかぁ~し、

このグローブの本領はここから。

 

 

 

 

このグローブのシリコン部分、

なんと「融けない」んです!

 

 

 

 

 

 

 

「...そもそも融かす事ってあんの?」と

疑問を抱いた人も多いでしょう。

というかこの先があるので疑問を抱いておくれ。

 

 

冒頭で述べた通り、エンデューロでは

「整備の技術」をも要求されるもので、

すなわち、競技中に故障などがあれば

それを自力で直す必要があります。

勿論、競技である以上時間は掛けられないので、

「整備の際にグローブを外して~」 という手間は

可能な限り削りたいもの。

 

 

その際、瞬間的にですが

「高熱の部品」を触る場合もあるそうで、

普通のグローブでそういった部品に触ると

掌側の滑り止めが融けてしまい、

部品とグローブの両方を

駄目にすることもあるのだとか。

 

 

ところが、このグローブでは

極めて耐熱性の高いシリコンを使い、

最大220℃まで耐えられます

 

 

「ライターで数秒炙る」という

実験方法があり、実際に一度

やらせてもらった事がありますが、

確かに全く融けませんでした。

※熱は通すので、やり過ぎると目茶苦茶熱いです。

 

 

メーカーさんのフェイスブックで

実験している動画がありますので、

よろしければ上記リンクをご覧下さい。

 

 

「~中村が実験した画像は無いのか」って?

いやぁ、店頭の商品を火で炙るわけにはいかんでしょ。

 

 

 

 

 

又、色の種類も豊富にあるので、

(浦安店ではグレーと赤を販売中)

バイクの色やラッキーカラーなど、

自分好みの色のモノが選べますよ。

 

 

 

 

――――――――――――

マーキュリープロダクツ

エンデューログローブ

MPEDG-007

\6,300+税

――――――――――――

 

 

 

派手なオフロード走行にも

整備にも使えるこのグローブ、

是非店頭で試着してみて下さいね。

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!