乗り手の好みで変幻自在! YX-6 ZENITH

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

今回紹介するのはヘルメット。

前回のグローブに続き、

オフロード系の品物になります。

 

 

 

 

ワイズギア・YX-6

オフロード用ってウチにしては珍しいですね。

 

 

本格的なオフロードでは

ゴーグルを着けるのが前提らしく、

このヘルメットはシールドがある為、

アドベンチャー向けになるのだとか。

※アドベンチャー:オンもオフもこなせるようなバイク。

代表的なのはコレとかコレとか。

 

 

 

直線を基調としたつくりで、

何処から見てもすごーくシャープ。

直線的だと何となくメカっぽいですよね。

 

 

口元のベンチレーション(換気口)は

中央のツマミで開閉が可能。

(画像は開いている状態)

 

頬の近くにあるベンチレーションは

常時開いている状態となります。

 

 

オフロードヘルメットらしいバイザーと、

その下にあるベンチレーション。

 

ん~、シャキーンとしてますね!

 

 

 

又、開口部が非常に広く造られており、

オンロード向けのヘルメットと比べて

視野が上下方向に広い点も◎!

 

 

尚、上下(特に下)方向の視界が広いと

"実は"後方確認がしやすいので、

車線変更が多い都市部などでも

使い勝手が良さそうです!

 

 

「何で上下の視界で後方の見えやすさが変わるのさ」と

疑問をお持ちの方は、バイクに乗っている時の姿勢を

イメージしながら首を動かしてみて!

自然とあごを少し引く感じになるでしょ。

 

 

 

 

 

で。

このヘルメットはシールドとバイザーが

簡単に着脱出来、それを活かして

お好みの形にして使えるのだとか。

 

それならばと、実際に組み替えました!

ゴーグルは持っていないので、そこは割愛しています。

あと「アドベンチャー」って形状も

既に最初の方で載せているので割愛。

 

 

 

 

 

 

 

これがエンデューロスタイル

 

「これぞオフロード」という印象を

抱かせる形状ですね。

この状態でゴーグルをはめれば、

アナタも立派なオフローダー。

 

セローWR250Rと相性が良さそう。

 

 

 

 

こちらはフルフェイススタイル

 

オフロードヘルメットらしい

「口元が突き出ている形」が特徴的。

存在感ありますね!

 

車体に合わせるとしたら、

MT-09トリッカーでしょうか。

 

 

 

で、これがボバースタイル

ちなみにボバーってこんな形

 

見ての通り、ゴーグルもバイザーも無い

「まっさらなオフロードヘルメット」

という状態ですが、

ちょっとワイルドな印象を与えるのか、

この形状のヘルメットを被って

オンロードのバイクを乗る、というのを

ここ1~2年くらいよく見掛けます。

他社からもこういうヘルメットが出ていますよね。

 

SCR950XSR700など、

旧車っぽい印象のバイクと

相性バツグンですよ。

 

 

 

ちなみに、今回紹介した色は

メーカーで生産を終えている色なので、

気になる方はお早めにどうぞ!

 

 

 

――――――――――――――――

ワイズギア

YX-6 ZENITH グラフィックモデル

\25,000+税

(単色は\24,000+税)

――――――――――――――――

 

 

 

店頭で用意しているのはLサイズのみ。

他の色やサイズの取寄せについては、

都度お問い合わせを頂ければ

こちらで確認が出来ますので、

是非スタッフにお声掛け下さい。

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!