スーさん日記No.93「バイクに最適な”バッグ”とは」

 

スーさんです

 

 

 

 

いつかまた、みんなで気兼ねなく外出できる日が来ることを

1ライダーとして切に願っております 

 

 

 

私はツーリングが大好きです 

 

「ツーリング」と言っても、

その目的はひとによってさまざまです

 

私の中でツーリングの定義とは

バイクに乗って

いい道を通り

おいしいご飯を食べて

無事に帰る

これにつきます

 

皆様はツーリングに行くとき、何を持って行きますか?

  

出発前はルートの確認をしながら、準備をするのですが、

いつも悩むことがあります

 

それは、

「バッグどれで行こうかな」

です

 

 

 

ということで今回は、

ツーリングに出かける際の持ち物、

つまり「バッグ」について(私の拙い経験に基づいて)お話します

 

出先で両手も使えるし、通勤やちょっとしたお出かけにはいつもこれを使用しています!

 

まずは”バックパック/リュック”です

短距離のツーリング、通勤時に大活躍のアイテムです

 

私が使用しているのは

「DEGNER NB-103-GY」です

 

街乗りや日帰りツーリングなどにはちょうどいい

16L容量のバックパックです

 

肉厚なショルダーストラップで肩の負担を軽減し、

高い防水性で不意の雨にも対応!

 

私が一年を通して、一番使っているバッグですwink

 

 

 

続いては、”シートバッグ”の紹介です!

個人的には、ツーリングには一番オススメです★

 

日帰りツーリングに最適!
サイズ感も良く、スポーツ系バイクにもマッチします♪

 

ひとつ目は

「TANAX スポルトシートバッグ(MFK-096)」です

 

容量は9.1Lで、コンパクトレインスーツや

小型デジタルカメラなどを入れてもまだまだ余裕があります!

 

特にオススメのポイントとしては、

直方体なので、箱モノのお土産などを持ち帰るのにも向いていて、

ツーリングのお供にもってこいです

 

取付け方法もとっても簡単で

以前のブログで紹介しておりますので

ご参照ください→コチラ

 

スーさんイチオシ!めーーーーーっちゃ使いやすいですこれ

 

続いて、シートバッグをもうひとつ

「TANAX Wデッキシートバッグ(MFK-139)」です

 

このバッグの最大の特徴は2気室であるという点

荷物を上下に分割収納することができます!

 

また、バッグ内部の仕切りファスナーを開放すると

広い1気室になり、大きな荷物を収納できます

 

縦に拡張できます!シート幅の細い車両でも結構安定して取り付けできます

 

更に、バッグ外周の拡張ファスナーを開放すると

18L25Lに容量が拡張できます!

 

往路は通常サイズで、復路はバッグを拡張して

着替えやお土産でかさばった荷物を入れて帰る

なんて使い方ができます

こちらももちろん防水カバー付きです

 

 

 

それから、TANAXシートバッグシリーズには

ショルダーベルトが付属しており、

バイクから降りた際にはバッグを肩から下げて

両手をフリーにすることができます!

 

一泊以上のロングツーリングには超オススメです

 

MT-09SP時代にお世話になっていたタンクバッグ。今のバイクにはつきません(泣)

 

お次は”タンクバッグ”

「TANAX スマートタンクバッグ(MFK-176)」です

 

シートバッグはライダーの後ろに取り付けますが、

こちらは読んで字の如く、”タンク”に取り付けるバッグです

 

超強力なマグネットでタンクに固定するので

落下などの心配はまずないですが、

スーパースポーツ車などタンクカバーがついた車両には

マグネットタイプは取付ができません

別で吸盤タイプもラインナップされておりますので

そちらをチョイスいただければ大丈夫です!

 

 

 

さて、さまざまなタイプのバッグを紹介しましたが

ここで紹介した以外にも、まだまだ多くのバッグがあります

 

乗る方、乗るバイク、行き先、メンバーなどによっても

持って行く荷物や使うバッグって

いろんなパターンがあると思います 

 

皆様も、ご自身の乗り方やバイクに合った

理想のツーリングバッグを探してみてはいかがでしょうかembarassed

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!