素人修理 – リアブレーキキャリパー 前編

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

題名の通り、今回はボロいバイクの

リアブレーキキャリパーを

素人なりに修理したいと思います。

「お前素人じゃなくてプロだろ?」って?

作業の対応はしていませんもの。

 

 

 

ざっくり経緯を話すと、

SRXのリアブレーキパッドが減っていて、

それを交換しようとしたのが事の発端。

 

 

・去年の暮れにパッド交換を試みる。

・そもそもパッドが片減りしている。

・つまりキャリパーの不具合じゃ...?

・じゃぁキャリパーを分解清掃しちゃえ。

・分解清掃"だけ"行った。

・キャリパー取付、及びパッド交換!

・ブレーキフルードが滲んでいる。

・完。

 

~といった具合。

 

 

 

詳しい人ならお察しかと存じますが、

「分解清掃だけ」というのがNGで、

本来ならば"シール"と呼ばれる

部品を交換しないといけないのですが、

験しに再利用したところ、案の定...。

知らない人の為に書くと、

シールってつまりパッキンみたいな部品ね。

 

 

 

んまぁ、以上を理由に

記事を起こそうと意気込みましたが、

昨今、その手の「素人が○○してみた」

なんてブログはゴマンと存在するので

書く意味がない気もしますけど、

賑やかし目的でいざトライ。

 

 

「参考にする」よりも、「代わりに実験台になっている」

~というイメージで読んでください。

繰り返すけど、中村は整備の経験ほぼゼロだからねっ!

 

 

 

 

 

とりあえず、車体から外したキャリパー。

 

 

見る人が見たら懐かしいであろう、

当時のヤマハの純正品。

 

中村のSRX-6(87年式)をはじめ、

この頃のヤマハ製小~中排気量の

スポーツバイクによく採用された、

由緒正しいキャリパーです。 

 

使われている車種(年式?)や、前か後ろかによって

微妙に形状が変わるややこしいキャリパー。

何で俺のはニップルが2つも付いてるんすか...。

1つで良くないっすか...。

 

 

尚、車体から外した状態だと

一部のボルトが緩めづらい為、

 

 

 

ここ(パッドピン)は

前もって少し緩めておきましょう。

 

 

  

 

で、ここで少し警告。

 

ヤマハのキャリパーは分割非推奨です。

これ以降、分割した状態で

作業をしている画像が続きますが、

これらと同じ行為を試みる場合は

一切自己責任となります。

 

 

 

 

 

~さて、警告したところで中村は分割します。

旧いバイクは自分でやるしかないのよ...。

 

 

 

 

 

 

...汚っ。 

 

 

そんなこんなで分割した

ブレーキキャリパー。

 

 

さてぇ、折角なので割ったついでに

キャリパーの図解でもしましょうか。

 

「バイク初心者です」という人の為に、ね

 

 

 

このキャリパーだと、こんな風に

ピンと板バネに支えられた状態で

パッドが取り付けられており、

 

 

 

ブレーキペダルを踏んづけると、

ピストン(左上画像の丸い部品)が

油圧でググッとせり出してきて、

そのままパッドを押し出す構造。

 

 

車種によって形状や構造が

大きく変わることもありますが、

基本的にはこんな構造です。

 

 

 

 

加えて、「パッドの残量がわからない」

という問い合わせを頂きますが、

ブレーキパッドにはこんな感じで

溝が彫ってありますので、

キャリパーを覗き込んでみて

この溝が見当たらない状態であれば、

交換した方が安全です。

 

「どれをどう見たら良いかわからん...」という場合は、

近くのスタッフに言って頂ければ確認しますヨ。

 

 

 

 

 

 

さて、本題に戻りましょう。

 

念の為、清掃する前に

くるくると見回してみたところ。

 

 

 

...がっつり滲んでますね。

(反対側や、キャリパーの合わせ目は異常なし)

 

 

原因の箇所が特定出来たところで、

更に細かく分解します。

 

 

 

これが、出来るトコまで分解した状態。

作業風景?撮っていません。

ブレーキのカスで汚れた手でiPod持ちたくないでしょ。

 

 

 

しっかしまぁ、シールが嵌る部分は

錆びまくった痕があるし、

片方に至っては摺動部分に

うっすら傷が入ってるし...。

さすがは30年モノ。

 

 

 

あんまり良い個体ではなさそうですが、

全体の状態が把握出来たところで休憩。

 

次回は清掃から取り付けまでを

書いていきたいと思います!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!