素人修理 – リアブレーキキャリパー 後編

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

前回、SRXのリアキャリパーを

分解したところまで書きましたが、

今回はその続き。

 

 

 

こんな状態。

実を言うと、前回の最後に掲載した画像は清掃後の状態。

上の画像は清掃前なので、若干時間が戻ってます。

 

 

 

いやぁ、しかしまさか、

プラモデルさえ作らなかった人間が

自分の手でバイクのブレーキを

バラすことになるとは...。

は昔から興味はあるんですけどね。

 

 

 

まぁ、身の上話は置いといて、

作業を進めていきましょう。

 

 

 

兎にも角にも、ブレーキ関連は

不具合=事故に繋がりますので、

パーツクリーナーを惜しまず使って

隅々までガンガン清掃!

 

この時、ナイロンブラシも併用すると

より一層キレイになりますよ。

 

 

 

で、改めてこの画像。

ちったぁ綺麗になったでしょうよ。

 

 

 

 

尚、旧いキャリパーの内部は

大体錆が発生しているので、

清掃と併せて錆の除去を行いますが、

これは以前に行っているので省略。

 

ちなみに錆の除去方法については、

細いドライバーなどでコリコリとこそぐ感じ。

そういう工具も出回っているので

やり方としては多分大丈夫...なはず。

 

 

 

 

 

んで、一通りの清掃が終わったら

いよいよ組み立て。

 

殆ど"ボルトを締めるだけ"ですが、

ピストン、そしてピストンシール

嵌める前にグリスを塗りましょう。

 

 

 

シリコングリス(キタコ)。

「次いつ使うか判んないっす」という人には

とても使いやすい少量のパッケージ。

 

 

 

これをシールやピストンの表部分に

ぐるーっと塗り伸ばして、

あとは順番に嵌めて他の部品を付けて...、

 

 

 

完成!

 

~塗ってるところの画像?

グリスでベタベタした手でiPod触りたくないでしょ。

 

 

 

 

あとは車体に取り付けて

ブレーキフルードを注入し、

出来れば自走以外の方法

しっかりと動作を確認しましょう。 

 

ここでちゃんと機能していれば、

キャリパーの分解清掃は無事完了!

 

機能していなければ、フルードの入れ方が甘いか、

バンジョーボルトの締めが甘い等々、

色々な原因が考えられるので、

一箇所ずつ入念にチェックします。

それでもダメならコレだ!

 

 

 

 

比較的簡単な作業ではありますが、

特殊な工具が必要になる他、

「手が汚れるのがイヤンっ☆」

という人も多いはずですので、

その場合はバイクを買ったお店や

近くの整備をしてくれるお店などに

相談してみましょう。

 

 

 

外出がしにくい今こそ、

(無理のない範囲で)ご自身の手で

整備を始めてみてはいかがですか?

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!