アナタはどっち? ガエルネ・ブーツ比較

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

ざっくり1年ほど前に、

ガエルネフーガを購入して

今現在も愛用しております。

その記事はコチラ

 

 

 

~ですが、

いくら丈夫な造りとはいえ、

同じブーツばかり履いていると

流石に良くないだろうということで、

交互に楽しく使っていく為に

もう一足ブーツを購入しました!

 

 

 

今回もガエルネ。

いやぁ、フーガを履いてからはもう信者です。

 

 

さてさて、箱の中身はコチラ。

 

 

 

No.145

 

このシンプルで優美なカタチ、

そそりますね...!

 

 

 

で、本来ならば「履き心地が~」とか

「ここの造りが~」とか、

そういう事を書くのがお約束ですが、

そこは公式サイトで紹介しているので

そちらにお任せします(ぉぃ)

 

 

 

 

 

 

~どうする、この記事の存続が怪ぶまれるぞ!

 

 

 

 

 

...という事で、

折角ですからNo.145とフーガを

横に並べて見比べたいと思います。

 

 

良かったら参考にして下さいませ。

 

 

 

改めて、左の黒い方がNo.145。

右の茶色い方がフーガ。

繰り返しですが、フーガは1年前に購入している為、

若干使い込んだ感が出ている点はご了承下さい。

 

 

 

こうして並べると、

デザインの違いがはっきり見えて

とても面白いですね。

 

 

 

 

横と後ろ。

No.145の方がややハイカット。

 

 

もう少しアップで見比べてみましょう。

 

 

 

なんといっても、この2つのブーツで

一番違うのは紐の周りでしょう。

 

 

ブーツらしい渋いデザインで、

紐を結べば足首までガッチリと

一体的にホールドするNo.145。

 

一方のフーガは独特なデザインを持ち、

結んだ紐を留められる構造などもあり

よりバイク向けに仕上げられた印象。

 

 

 

こちらはタン(ベロ)の部分。

「色で判るわ」って言われそうですが、

上がNo.145で、下の方がフーガね。

 

 

No.145は性質の異なる2種類の革を

重ね合わせた造りとしているのに対し、

フーガは両面共に柔らかい革を使用。

ふむふむ。

 

 

 

ソールは両方共ビブラムソールを使用。

ものすごくざっくり述べると、

「良い靴」によく使われるソールです。

 

実際、雨の日に歩いてても

中々滑りにくいですよ。

 

 

 

 

 

実際に履いてみると、

若干フーガの方が動きやすい印象。

1年長く履いた馴染みもあると思いますが、

足首の周りの形状がちょっと違うので

それに拠るところもあるかなと。

 

 

ただし、製法やソールの形状などの

基本的なトコロは共通ですので、

滑りにくい

安心感のある程好い重さ

がっちりとホールドされる感覚

~などはどちらでも堪能出来ます!

 

 

 

 

――――――――――――

ガエルネジャペックス

No.145 ブラック

\34,100(税込)

 

フーガ ナットブラウン

\28,050(税込)

――――――――――――

 

 

 

デザインも造りも抜かりなく、

ガッツリと使っていけるブーツたち。

 

店頭にサイズが無い場合も、

ご希望のサイズを2種類ほど取寄せて

「フィットする方だけを購入!」

~なんて事も出来ますので、

「ヤマ勘でこのサイズを買う」という

リスキーな事をする心配がないのも◎!

※ご購入される際のみ可能です。

 

 

 

本店にも愛用しているスタッフがいますよ!

 

今回は"見た目の比較"を主体に

紹介しましたが、

「もっと具体的に知りたいっ!」

という方は、是非お近くの

レーシングワールド各店

お問い合わせ下さい!

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!