見落としがちな消耗品

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

今回の題材もこのバイク。

ネタにうってつけ、華の80'sシングルスポーツ 

 

 

 

 

1月の半ばにエンジンオイル

オイルフィルターを交換したのですが、

他のところも交換しないとな~と

考えていたところ、

 

・いつもオイル交換と一緒に行う

プラグの交換を忘れていた

 

・3年前に納車されてから、

エアエレメントを一度も交換していない

 

~というのを思い出し、いざ実行。

 

尚、今回の作業は2月上旬に行いました。

 

 

 

まずはこちら、エアエレメント。

車種によって形が違うのでご注意を!

 

 

自分自身が初心者なので、

おさらいがてらに軽く説明すると、

人間で言う「マスク」に近い役割。

 

 

エンジンが変なものを吸い込んで

壊れてしまうのを防ぐ部品ですが、

使い続けると目詰まりをして

空気がちゃんと吸えなくなるので、

時々交換が必要となります。

 

 

「原付でアイドリングすると止まってしまう」

というお問い合わせを時々頂きますが、

この部品の目詰まりが原因なんて事もありますよ。

 

 

 

~という事で、早速交換しましょう。

 

 

 

SRXの場合、右足側のカバーを

六角レンチでチョチョイと外して...、

 

~カバーが汚いですね。

 

 

 

その奥にある黒いネジを

ドライバーでクルクルと外して、

フタをごっそり取り外し...、

 

 

 

画像は交換した後に撮ったモノ。

 

あとはこのネジを外せば、

エアエレメントが外れます。

※あくまでSRX-6を例にした手順なので、

車種によって取付位置と交換方法が異なります。

 

 

 

新品(左)との比較。

ん~、ドス黒いですねっ!

 

 

これを新しい方に差し替えて、

あとは逆の手順で取り付ければ

エアエレメント交換は完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、お次はプラグ。

 

 

 

エンジン上部のど真ん中にある

プラグキャップを引っこ抜いて、

プラグレンチでプラグを取って、

新しいモノに付け替えたら

プラグキャップを取り付けて完了。

 

作業時の画像?無いです。

だってこのバイク、プラグホールが見えないんだもん。

 

 

 

NGKプラグで交換しますよ。

 

 

プラグの消耗具合は

先端の金属の状態で判断しますが、

んまぁ、この画像だと判りませんね...。

真上から撮った画像だと、

辛うじて形状が変わっているのが見える...かも。

 

又、先端の色は、エンジン内部の状態を

確認する事が出来る重要な要素なので、

これも一緒に見ておきましょう。

 

・あまりにも先端が黒すぎる

・むしろ全く黒くない

~などの状態だと要注意!

プラグの番手や、別の場所がおかしい可能性が...。

 

 

 

 

 

さて、この点火プラグ、

長期間使いっぱなしでも

何だかんだで走れてしまう為に

蔑ろにされることが多いですが、

ガソリンで走るバイク・車には

無くてはならない重要な部品です。

ディーゼル車には無いですよ。

 

 

そんな影の功労者である

点火プラグを放置していると、

エンジンの掛かりが悪くなる

パワーダウン

・(パワーダウンに伴う)燃費の悪化

・エンジンの劣化

~などの症状が発生します。

 

 

可能であれば、オイルと同じ頻度で

交換するのが理想的ですが、

値段や必要数、交換のしやすさが

車種によって大幅に変わりますので、

事前にしっかりと確認しましょう。

ちなみにコイツは「1本4,000円くらいx2本」でした。

そもそも聞いた事もない品番のプラグ使ってるし...。

 

 

 

 

 

 

 

今回は整備に関するお話でしたが、

「自分で交換するのはちょっと...」

~と不安の方は、当店で交換作業を

させて頂く事も可能ですので、

お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

レーシングワールド浦安

TEL:047-357-1122

 

※別途工賃が発生します。

又、ご予約された方が優先となる為、

事前に作業場の空き状況をご確認頂けると幸いです。

 

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!