自分にピッタリの"靴" その1

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

今回はリアサスペンションと、

それの修理に関するお話。

 

 

(今更ですが)リアサスペンションは、

バイクやライダーの重さを支えつつ

路面から伝わる衝撃を吸収し、

更にはコーナリング時の挙動や

踏ん張り具合などにも影響する、

人間で言うところの"靴"のように

重要な役割を持つ部品です。

「チューンするなら足回りが優先

という話をよく耳にするのもこの為。

 

 

 

~と、

頭では理解していても、

鈍感を自称するこの中村は

「とりあえず走れるし、いいや」と

蔑ろにしていました(ぉぃ)

 

 

 

...で、つい先日。

 

 

 

画像は3月頃に撮ったモノ。

 

このバイクでウネウネした道を

トコトコーっと走っていて、

ふと気付いた事がありまして。

 

 

 

 

 

...足元がすんごい不安。

 

 

いや、本当に珍しく「こりゃヤバい」と思いました。

 

 

 

 

これも先の画像と同じ時に撮ったモノ。

廃墟行った時に撮ったヤツですね。

 

まぁ昭和の末に生まれたバイクですし、

去年までは「旧いしこんなモンだろ」と

適当に割り切っていたのですが、

久々にじっくりと走り込んだら

「...旧いとかそういう場合じゃない」

という事実に気付かされました。

 

 

 

 

それ以来、早急にSRXの足回りを

しっかりさせたいと思うようになり...。

 

かつてSRX-4をイジッていた

先輩スタッフに話を聞くと、

ヨシムラカヤバ(KYB)」という

妙な名前のリアサスがあったそうで。

 

 

 

 

ヨシムラもカヤバも知っているけど、

え、何、どういう事...?

 

 

 

 

聞けば、バイク全盛期の80~90年代、

ヨシムラが企画した部品をカヤバで製造、

それを連名で商品化するという

相当に手の掛かる事をしていたようです。

昭和、もといバブルって恐ろしいですね。

 

 

 

あと、カヤバ以外にこういうのもあったらしいです。

 

 

 

 

話を戻すと、

・SRXの足の弱さを実感

・んじゃぁリアサスを強くしよう

※フロントは既に対策済み

・どこのリアサスを使うか

(よりにもよって)絶版のリアサスを使おう!

 

~といった流れ。

 

 

 

 

正直、こんな部品が現存するのかと

半信半疑でしたが、

ダメ元で調べてみたところ、

1つだけ出回っていたので早速購入!

 

嗚呼、金欠地獄。

 

 

 

 

これが噂のヨシムラカヤバ。

 

今の人に「ヨシムラのリアサスだよ」と

言ったら信じてもらえなさそうです。

 

 

 

 

ほ~ら、ちゃんとロゴもありますよ。

尚、本来はタンクの部分にヨシムラのステッカーが

貼ってあるそうですが、それは跡形もなかったです。 

 

 

 

さぁ、早速取り付け!

 

~したいですが、

どの廃車から取ったかもわからない、

程度の知れぬリアサスを

何もせずにそのまま使うのはリスキー。

 

 

 

 

そこで!

 

 

 

二輪用サスペンションの整備で

国内屈指の実力と実績を持つ

テクニクス様に修理を依頼しました!

 

 

 

様々なバイクのサスペンションの

整備やチューニングを手掛けるほか、

高性能サスペンション・ナイトロン

日本総代理店も務めるテクニクス。

 

 

 

 

ここなら修理出来るかなと思いつつも、

30年程度前のリアサスを送りつけて

いきなり「修理して」なんて言われたら、

テクニクスも流石に困るのは明白。

 

なので、念の為に前以てメールで

画像を見て頂いたところ、

「これなら修理出来そう」という

なんとも心強いお返事が!

 

 

 

という事でテクニクスに配送し、

現在修理中のリアサス。

 

 

修理及び取り付けが完了したら、

続きを書きますのでお楽しみに!

 

続く

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!