"夢"の修理計画 – その1

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

さぁ、やってきました、新企画。

 

 

旧い友人から

「実家にある不動車を修理したい」

という連絡があり、

"なんか面白そうなので便乗した"

というのが事の発端。

 

 

まぁ、当店はバイク用品店であって

レストア専門店ではないので、

修理そのものに関する内容ではなく

「修理の際こういうモノを使いました」

という商品紹介を主軸に

書いていこうかなと思った次第。

 

尚、友人も中村も「不動車の再生」は初めて。

 

 

 

 

 

で、某日。

 

日程を合わせ、友人のご実家から

友人宅へバイクを移送し、ついでに

工具とケミカルを多少買い揃えて、

いざ準備は整いました。

 

 

で、今回主役(?)となる

不動車がこちら。

 

 

 

 

 

 

ホンダ・ドリーム50

 

 

 

 

いや、ねぇ…。

 

"はじめての修理"にしちゃ

すんごいモノが出てきましたよ。

 

 

 

 

 

 

数年前、まだコレが動く時に

運転させてもらった事がありまして、

60'sレーサーそのままのデザイン

・その気にさせるポジション

・凄まじく回るエンジン

・官能的なエンジン音と排気音

遅い←ここ重要

~という魔性を秘めたステキなバイク。

 

 

昨今、200馬力を超えるバイクが

珍しくなくなりましたが、

すんごい前傾姿勢をさせるくせに

わずか5.6馬力の力で

トコトコと走るその様が、

何とまぁ健気というか

可愛らしいというか…。

一応はレーサーレプリカなんですけどね。

 

 

 

 

 

では、車体の確認と参りましょう。

 

 

外装はまずまず(上の画像参照)で、

サイドカバーや灯火類、

フェンダー等はそのまま使えそう。

 

 

 

 

足回りはセピア色。

思い出なんてそんなもんです。

 

 

まぁ、この辺の部品は

ごっそり交換でしょう。

引き上げの時点で友人のお父さんから

「これを使ってくれ」とリアサス預かってますし。

 

 

フロントフォークも錆があり、

そのまま使うわけにはいかないので

磨きを敢行して、駄目なら交換。 

 

 

 

 

トップブリッジ。

んん~、くたびれてますね!

 

ちなみにこれは磨いて再利用予定。

 

 

 

 

 

スポークとリム。

前後とも、大して状態は変わらないです。

 

リムはまだ使えそうですが

スポークが一部錆びている為、

「ごっそり交換しようぜ」

という方向で思案中。

 

 

~にしても、H型リムって

中々格好良いですね。

 

 

 

 

エンジン周り。

 

カムシャフトのトコロがガビガビ…。

加えて、エキパイの根っこと

フランジも大分錆びてます。

 

友人が「シリンダーヘッドのガスケットは買ってあるぜ」

と言っていましたが、既にヘッドを開けるつもりなのね。

 

 

尚、画像は無いですが

燃料タンクの内部は

ちゃんと茶色く染まっている為、

これもモチロン修理。

 

 

 

 

こちらはサイレンサー。

 

割と綺麗なので、

エキパイの錆(前述)さえ落とせれば

これはそのまま使えそうな気も…?

 

 

 

 

シート。

くすんでいるけど破れてなーい。

 

とりあえずシート用のクリーナーで

拭きゃ使えそうですが、果たして。

 

 

 

んまぁしかし、見れば見るほど

原付とは思えぬ豪奢な造りですね。

 

 

 

 

 

 

 

~と、現状はこんな感じ。

 

レストアに生きる人達からしたら

「こんなん序の口じゃい」と

言われそうな車体ですが、

友人と中村はそういう作業を

行ったことが無いからね!

そこは大目に見てよねっ!

 

 

という事で、今回はこの辺で。

時間を見つけては少しずつ直して、

その時に使用したモノを

都度紹介したいと思いますので、

のんびり更新をお待ち下さいな。

 

 

続く

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!