O2センサーキャンセラー♪

みなさん、こんにちは。

まだ雨も多いですが、バイクが乗りやすい季節になって着ました。

 

さて、今回おブログは、ハーレー2021年モデルの社外マフラー交換に必要なアイテムをご紹介いたします^^

ハーレーは、2021年モデルからO2センサーの仕組みが変わりまして、

今までは社外のマフラー交換をした場合、O2センサーを付ける穴が一つ開いており

そこに従来のO2センサープラグを差し込むという方法でしたが、

2021年からは、純正車両にO2センサープラグがもう一つ増えており

社外マフラーを付けようとした場合、一つ余ってしまいます。

そうなれば、メーター画面にエラーランプが点灯してしまう為、それを

改善しなければなりません。

そこで出たのが、モーターステージ製のO2センサーキャンセラーです!!

 

通常通り、一つはマフラー側にプラグを差し込み、余ったもう一つのプラグを

上記画像の商品をはめ込めば、エラーランプが出ない仕組みになっています。

取付にあたっては、マフラーを取り付ける際にエンジンをかけず、そのまま

キャンセラーを取り付けてから、エンジン始動させます。

マフラーを取り付け、試しにエンジンをかけてしまうと、エラーランプが出て、

そのあとから、キャンセラーを付けてもエラーランプはついたままになってしまうので、

その場合は一度解除してから、再度取り付けなければなりませんので、

少々めんどくさいです。

なので、マフラーと一緒に取り付けをお勧めします!

分からない事があれば、ハーレー担当:荒井まで!!

よろしくお願いいたします。。

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!