SRX・弱点補強

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

前回に続き、NAG S.E.Dさんが手掛ける

SRX-6のパーツを紹介致します!

 

 

にしても、前回のブログ他の店舗の先輩方

妙にウケたみたいです。

さては皆、SRX-4/6が好きだな…!?

 

 

今回の部品はコチラ。

 

 

 

レクチファイア放熱板。

 

 

~さてさて、個人的には

専門用語を列挙するのが嫌いなので、

レクチファイアの軽い説明をば。

私ゃ常に「バイクは好きだけど詳しいコトはちょっと…」

という人でも楽しく読めるような文章を心掛けています。

どうだ、優しいだろう。

 

 

バイクや車が走る際、

・前後のライト

・ウインカー

・その他光る部品(メーターとか)

・エンジン内の点火プラグ

・燃料噴射装置(SRXは無いけど)

・ECU(最近のバイクの心臓部)

~などなど、様々なトコロで

電気を使いながら走っていますが、

走る=エンジンが動いている間は、

エンジンにくっついているコイル

発電も同時に行っています。

「バイクは走ってりゃ充電出来るよ」と

言われるのはこの為。

ただ、エンジンを多少回さないとダメよ。

 

 

 

しか~し。

 

 

 

コイルから生まれた電気は

そのままでは使えません。

生の豚肉を下ごしらえもせずに

丸かじりする人は居ないでしょうよ。

(というか居ちゃダメ)

 

なので、この電気に"下ごしらえ"をして

使える状態にする必要があり、

そこで登場するのがレクチファイア

人によって"レギュレーター"とか"整流器"とも呼びます

中村はレギュレーター派。

 

 

 

このレクチファイアに

電気を通すことによって

"下ごしらえ"が行われ、

はじめて「ちゃんと使える電気」へと

変わるわけです。

 

本当は交流だの直流だのと

色々な理屈があるようですが、

その辺は面倒なので端折ります。

 

 

 

~が。

 

 

 

今度はその副作用として、

レクチファイアが熱くなります。

そして、その熱さ等によって

最終的に自己崩壊を起こすという

イタチゴッコのような事が

バイクの中で繰り返されています。

 

 

改めて!

 

 

そこで登場するのが

今回のレクチファイア放熱板。

 

 

 

まるで空冷エンジンのように、

あちこちにフィンが刻まれているのが

よく判りますね。

 

 

(油)冷エンジンレクチファイアも、

表面にフィンをたくさん付けることで

"表面積を増やして冷ましやすくする"のが

一般的なのですが…、

 

 

 

ですが…、

 

 

 

SRXの純正レクチファイア、

フィンが全然無いの。

 

しかもリアカウルの中にくっ付いています

フツーは見えるところ(=風を当てやすいところ)に

くっつけるのが当たり前だというのに。

デザインしか考えてねぇな、このバイク!

 

 

そんなレクチファイアを、

今回の放熱板に乗せてみると。 

 

 

 

おぉ~ぅ、効果ありそう…!

 

お互いをピッタリと密着させ、

レクチファイアから発生した熱を

放熱板へと移して、

熱伝導率の高い(=冷ましやすい)アルミ製

且つフィンがたっぷり付いている

放熱板から熱を逃がす!

~という図式がひしひし伝わります。

 

 

尚、純正の放熱板は

フィンも何も無いただの金属板です。 

 

 

SRX-6って「わかる奴だけ乗れ」という

尖ったコンセプトのバイクですが、

何もそんなところを尖らせなくても。

 

・セルスターターなんて付いてない(前期型のみ)

・600ccなのに42馬力しかない(400ccは33馬力)

・「250ccか?」と見紛う小柄さ

~とかはまぁ、何となくロマンをも感じますけど、

・数千円もするレクチファイアがぶっ壊れやすい

~なんて自慢にもなりゃしないよっ!

 

 

 

~んまぁ、気を取り直して…。

 

 

 

元々がちょいとアレな造りのSRX。

そこをどうにかテコ入れしようと

この部品を造り上げたNAG S.E.Dさん、

頭が下がります…。

 

 

では、これも早速取り付けましょう。

 

 

 

まずはシートを外して…、

※鍵挿せば外せます。

 

 

 

次に、4本のボルトで留まっている

リアカウルを外します。

※SRXの場合、程度が良くても20年前のバイクなので、

ここを外す際は十分に注意して下さい。

乱雑に扱うと簡単にパキッと割れます。

中村の個体は買った時から既に割れていますよ!

 

 

 

そうすると工具が当てられますので、

レクチファイアを取り外し、

その下の金属板も外します。

赤い方の次に青い方を外してね。

 

 

 

あとは新しい放熱板に置き換えて、

レクチファイアを付けてカウルを留め、

シートを取り付ければ完成!

 

 

 

~にしても、

 

 

 

 

改めて見比べると、

もはや同じ用途とは思えない程の差。

一応、下のも放熱を狙ってるんです…よね…?

 

 

 

当然、「取り付けて馬力アップ!」

なんて部品ではないので

感想も何も書けるものではないですが、

ちゃんと理に適った構造で

部品の破損するリスクを下げると思えば、

正直かなり良い気がします。

 

 

 

――――――――――――――

NAG S.E.D

レクチファイア放熱板

NAG13-009

\11,000(税込)

※キックモデル専用。

セルスタートのSRX400/600は

NAG13-010 \11,000(税込)となります。

――――――――――――――

 

 

 

SRXはご先祖であるSRと違い

それほど部品が出回っていないので、

この手の部品で補強して

長く安心して乗っていけるように

テコ入れするのが吉かと思います。

繰り返しますが、レクチファイアを取り寄せると

数千円掛かりますからねっ!

 

SRX乗りで「自分も欲しい!」

という方は、是非当店にお問合せ下さい!

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!