久しぶりの適合新製品

こんにちは。浦安店小高です。
だいぶ冬らしくなってきてバイク乗るには厳しい季節・・・なんてことはありません。冬こそバイク!気持ちだけでも。
久しぶりに僕のハスクバーナSM450Rに適合する商品が発売されました。よくお世話になっております『ダートフリーク』様から発売になりました「DRCモタードフットペグ」。画期的なシステムとよく考えられた商品開発により求めていた性能が発揮されておりとてもよい商品です。
グレーの色合いが他にはない色です。白いフレームにも似合いそうです。
赤い部分は樹脂製で簡単に取りはずして交換可能です。
装着と実走行のレポートを。
本体の落ち着いたグレーとスライダーの赤い部分のコントラストがきれいなこのフットペグ、素材はクロモリ鋼でできており少し重い感じがしますがその分剛性が高そうです。ちょっとこけたぐらいでは曲がりそうにありません。(骨折注意ですが)スライダー部は取り外して交換することができます。
ノーマル。そつなく良くできていますが・・・
接地してがりがり。半分くらいになってしまっている車両も見かけます。
ノーマルステップは幅も広くブーツとの相性も良くて足からの挙動も伝わりやすく満足していました。タイトコーナーなどで路面と接地することがありコレはこれでバンク角の目安にもなってよかったのですが路面と引っかかって転倒、なんて人もいたりして。
並べてみるとこんなに違います。
取り付けはこんな感じ。
装着してみます。右側はブレーキペダルが邪魔してピンが抜けませんでしたのでペダルを外してから作業します。どのバイクでもコレは同じでしょう。右側は邪魔者もなく交換できました。
メーカーさんのデータによると約7mm短く5mm上にあがっているようです。並べてみると一目瞭然。果たしてコントロールに違和感は出ないのでしょうか?
デカっ!
こんなに短くて・・・いいの?
実際走行してみると全くと言っていいほど違和感はありませんでした。そして同じように走ってもぜんぜん路面に接地することなく走れます。どこまで倒していいかわからなくなってちょっと戸惑いましたが。おかげでリヤサスのプリロードを少し弱めることができました。
他の車種の適合など詳しくはメーカーさんのHPhttp://www.dirtfreak.co.jp/products/drcproducts/d48-02-932.htmlを参照してください。今回の僕のレポートが『掟破り』であることがわかるでしょう。
いまいち社外パーツの少ないハスクバーナですがいろいろ見つけてレポートしていきますのでよろしくお願いいたします。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!