カラテ家 平松号
脳みそまで筋肉で出来てる名古屋店3Fスタッフの平松号です。付いてる物は立派な物が多く、結構お金かかっています。走るのも好きで、サーキットから、ツーリングまで幅広く対応してくれる隼をこよなく愛しています。キャリパーがノーマル・・・・・寂しい限りです。

SUZUKIと言えばやっぱヨシムラでしょ
以前は某メーカー2本出しをつけていましたが、サーキット走行も考えこちらに変更。バンク角の確保はもちろん重量がノーマル14.5Kgに対してなんと4.7kg!!2エンドと言う見た目のインパクトももちろん、性能が何より素晴らしいこのマフラー。

フロント、リヤ共OHLINSです。
今更説明の要らないサスの代名詞OHLINS。MOTOGPでもお馴染みのサスペンション。ツーリングから、サーキット走行まで、セッティング一つで色々なシーンに対応できる。

見た目が一新ゴールドの輝き!
誰もが憧れるのではないでしょうか、OHLINSのFフォーク。見た目のインパクトももちろん、「動き」に本人もビックリ。写真に写ってますが、キャリパーがノーマルなのが寂しい・・・

やっぱりOHLINS
隼の車重と、パワーを考えるとサーキット走行をするこのマシンにとっては必要不可欠。車種専用設定の為、取り付けも簡単。

超軽量マルケジーニ
ホイールはマルケジーニに変更。車重の重い隼は、マフラー、ホイールでかなりの軽量化が図れます。カラーもホワイトにすることで引き締まって見えます。

今や定番のブレンボラジアルマスター
19Φラジアルブレーキマスターを装着。スペース的にあまり余裕が無いので、タンクの取り付けステーなど選択には気をつけて下さい。

カーボンパーツで高級感が増す
A-TECH製のアッパーカウルインナーキット。ノーマルの材質に比べ高級感が増し、カスタムインパクトも強い。

3ポジションバックステップ
WR'Sの3ポジションB/Sを装着。ノーマルの重々しさも無くなりすっきりとする。又、名前の通り3通りのポジション設定が可能。乗り方、体型に合わせてセットアップできるのが嬉しい。

今やスクリーンを変えるのは基本
MRAのスクリーン(レーシング)に変更。高速走行時に体力疲労、安定性を求めるなら、スクリーン変更は必須。隼は数多くの種類が出てるので迷うかも。

◎オーナー:名古屋店スタッフ 平松 ◎担当:田川 裕幸(南名古屋店) ◎掲載日:2006.05.19
カスタムバイクギャラリーTOPへ
カラテ家 平松号

カラテ家 平松号

脳みそまで筋肉で出来てる名古屋店3Fスタッフの平松号です。付いてる物は立派な物が多く、結構お金かかっています。走るのも好きで、サーキットから、ツーリングまで幅広く対応してくれる隼をこよなく愛しています。キャリパーがノーマル・・・・・寂しい限りです。
オーナー:名古屋店スタッフ 平松

SUZUKIと言えばやっぱヨシムラでしょ

SUZUKIと言えばやっぱヨシムラでしょ

以前は某メーカー2本出しをつけていましたが、サーキット走行も考えこちらに変更。バンク角の確保はもちろん重量がノーマル14.5Kgに対してなんと4.7kg!!2エンドと言う見た目のインパクトももちろん、性能が何より素晴らしいこのマフラー。
フロント、リヤ共OHLINSです。

フロント、リヤ共OHLINSです。

今更説明の要らないサスの代名詞OHLINS。MOTOGPでもお馴染みのサスペンション。ツーリングから、サーキット走行まで、セッティング一つで色々なシーンに対応できる。
見た目が一新ゴールドの輝き!

見た目が一新ゴールドの輝き!

誰もが憧れるのではないでしょうか、OHLINSのFフォーク。見た目のインパクトももちろん、「動き」に本人もビックリ。写真に写ってますが、キャリパーがノーマルなのが寂しい・・・

やっぱりOHLINS

やっぱりOHLINS

隼の車重と、パワーを考えるとサーキット走行をするこのマシンにとっては必要不可欠。車種専用設定の為、取り付けも簡単。
超軽量マルケジーニ

超軽量マルケジーニ

ホイールはマルケジーニに変更。車重の重い隼は、マフラー、ホイールでかなりの軽量化が図れます。カラーもホワイトにすることで引き締まって見えます。
今や定番のブレンボラジアルマスター

今や定番のブレンボラジアルマスター

19Φラジアルブレーキマスターを装着。スペース的にあまり余裕が無いので、タンクの取り付けステーなど選択には気をつけて下さい。

カーボンパーツで高級感が増す

カーボンパーツで高級感が増す

A-TECH製のアッパーカウルインナーキット。ノーマルの材質に比べ高級感が増し、カスタムインパクトも強い。
3ポジションバックステップ

3ポジションバックステップ

WR'Sの3ポジションB/Sを装着。ノーマルの重々しさも無くなりすっきりとする。又、名前の通り3通りのポジション設定が可能。乗り方、体型に合わせてセットアップできるのが嬉しい。
今やスクリーンを変えるのは基本

今やスクリーンを変えるのは基本

MRAのスクリーン(レーシング)に変更。高速走行時に体力疲労、安定性を求めるなら、スクリーン変更は必須。隼は数多くの種類が出てるので迷うかも。