NEW SCHOOL CUSTOM NO-3
完成したCBR600RR。三回の更新を終えようやく完成系をお披露目する事に。実際には雑誌等で紹介はされているのでもう少し前に仕上がっていましたけど…じっくりとギャラリーで見てあげてください。

一見
何が変わってるのって気がしますが、スピードメーターがSRP製リバースモデルを使用しています。メーターの枠は今の所このままですが、ペイントに出す予定もしています。カウルステーはメッキ加工をしています。

マスターは
ブレンボですが、本体をメッキせずにレバーのみをメッキ加工しています。もちろんハンドルスイッチもメッキ加工済み。

レバーホルダーも
メッキ加工を施しています。ハンドルにはモリワキ製のハンドルを使用しもったいない気もしますがここもすべてメッキをかけています。

こちらが
メッキ加工された後のスイッチです。プラスチックなのでメッキ塗装と言ったところですかね。コレでも十分な品質は確保できていると思います。

スロットル
側のスイッチはこんな感じです。先日あるショップで見たスイッチは、プラの表面を加工し、金属質に変化させていたためこのスイッチとはまったく違う質感に仕上がっていました。その分金額も3倍近くに跳ね上がるとか…どこで妥協するかですね。

こんなの
許されるわけない!!ってグリップが付いています。アメリカ人の考えそうなグリップですよね…これには参りました。装着にはかなりの加工も必要です。

スイングアームに
装着するためのスパイクスプールをハンドルの前方に装着。工夫しだいで何でもつけてしまいます。そう言えばローダウンのため、ハンドルクランプも逆向きに変更していましす。

キャリパーは
ノーマルのままでメッキ加工しました。今後はこのキャリパーにビルドアラインのブラックホースを装着する予定です。

ホイールは
ノーマルのままメッキを施し、フロントフォークも全バラしてボトムケースのみメッキにしています。 ディスクローターにはインナーローターのメッキが綺麗なガルファー製のディスクを採用。カッコイイでしょ!!

バックステップは
VOLTEX製のステップを装着。ステップバーのグリップは最高級で、一度噛み付くとなかなか離れません。

まだ…
仮止め状態ですがブレーキ側はこんな感じです。コレに今度はメッキ加工を施す予定です。またこのステップの最大の特徴はヒールガードとステッププレートが一体化しているため、ヒールガードがしなる事もありません。

リアキャリパーも
メッキ加工にガルファーのディスクローターを装備。リア周りもこれでバッチリです。

クローム
加工をしたVORTEXバックステップ。上の写真と輝きが違うのが分かりますか?

何が何だか
分かり図らいですが一応バックステップのクロームをかけた後の写真です。

リアマスターは
Gクラフト製ですが、文字とか全部磨いて消してクロームを施しています。こうすればオリジナル性が増しますよね!

ここら辺は
ベアリングパーツでクローム加工が不可能なので、本人がコンパウンド等で磨きまくったそうです。

この部品も
全てポリッシュ。しかも手磨き!細かい部品は人間の手が一番?

タンクキャップは
VOLTEX製に変更。キー無しでタンクにアクセス出来る為とっても便利、しかもカッコイイ!!

YANASIKI
製のジェネレーターカバーをクローム加工しました。今回のクロームはハイクォリティーの物で行いました。

ウォーターポンプも
クローム加工。以外に目立つ部品だったのでクローム加工してしまいました。

エンジンで
目立つ部分の一つとしてクラッチカバーをメッキ化しました。もともと転倒してキズが付いていた為新しいものを取り寄せて加工しました。ただし、クラッチカバー内部のベアリングの交換が大変なのであまりオススメはしません。

YANASIKI
製のスイングアームエクステンションを装着。約15cmは伸びているかと思います。カッコは良いですが、スポーツ性能はスポイルされるので気をつけてください。ちなみにこれもメッキをかけています。

エクステを
装着して車高バランスが崩れたのでリンクキットで修正。だけではつまらないので直立時にアンダーカウルと、シートカウルが水平になるように車高をさらに下げています。

VORTEX
製のスライダーベースにSixty61のガトリングエンジンスライダーを装着。これを装着そることによってここを軸にバイクを回転させる事が可能になります…。なんてのはウソです!!以外に小さいスパイクの方が刺さると痛いです。

自慢の
アナルレーシングANAマフラー!!今にも挿してくれと言わんばかりのANA具合。実際の名前はホットボディーズレーシングと言うメーカで、マフラーや外装を主に取り扱うアメリカ製の商品です。もちろんこのマフラーもアメリカ直輸入!でも作りはやはりアメリカンです・・・

カウルの
内部はこんな感じでサイレンサーが配置されています。これだけしかサイレンサーの容量がない為音量もかなり大きめです。さすがアメリカンと言わんばかりの取り付け精度が写真からうかがえると思います。

入荷時の
エキゾーストパイプのクロームの質が悪かったため、再メッキを行いました。

一番のお気に入り!
普通はマフラーとかに目が行きがちですが、このサイドカバーのクロームが最高です!普通プラスチックならメッキ塗装になるんですが、ここは企業秘密ですがプラが、ほぼ金属に変化してメッキが綺麗にのっているのです。綺麗でしょ!!

マジカルレーシング製
カーボントリムスクリーン。このタイプは新発売の綾織りタイプのカーボンを使用し、非常に透明度の高いクリアースクリーンを使用しています。マジカルのスクリーンはワークスでも採用されているほどの精度の高い商品なのでストリートでも安心して使用していただけます。

元は
こんな状態から始まっています。これでも良かったのですが一度ストレートでなぜか転倒したため、頭の何処かの線が切れてカスタムの火がついてしまったようです。

◎オーナー:浦安店 小松 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2008.07.02
カスタムバイクギャラリーTOPへ
NEW SCHOOL CUSTOM NO-3

NEW SCHOOL CUSTOM NO-3

完成したCBR600RR。三回の更新を終えようやく完成系をお披露目する事に。実際には雑誌等で紹介はされているのでもう少し前に仕上がっていましたけど…じっくりとギャラリーで見てあげてください。
オーナー:浦安店 小松

一見

一見

何が変わってるのって気がしますが、スピードメーターがSRP製リバースモデルを使用しています。メーターの枠は今の所このままですが、ペイントに出す予定もしています。カウルステーはメッキ加工をしています。
マスターは

マスターは

ブレンボですが、本体をメッキせずにレバーのみをメッキ加工しています。もちろんハンドルスイッチもメッキ加工済み。
レバーホルダーも

レバーホルダーも

メッキ加工を施しています。ハンドルにはモリワキ製のハンドルを使用しもったいない気もしますがここもすべてメッキをかけています。

こちらが

こちらが

メッキ加工された後のスイッチです。プラスチックなのでメッキ塗装と言ったところですかね。コレでも十分な品質は確保できていると思います。
スロットル

スロットル

側のスイッチはこんな感じです。先日あるショップで見たスイッチは、プラの表面を加工し、金属質に変化させていたためこのスイッチとはまったく違う質感に仕上がっていました。その分金額も3倍近くに跳ね上がるとか…どこで妥協するかですね。
こんなの

こんなの

許されるわけない!!ってグリップが付いています。アメリカ人の考えそうなグリップですよね…これには参りました。装着にはかなりの加工も必要です。

スイングアームに

スイングアームに

装着するためのスパイクスプールをハンドルの前方に装着。工夫しだいで何でもつけてしまいます。そう言えばローダウンのため、ハンドルクランプも逆向きに変更していましす。
キャリパーは

キャリパーは

ノーマルのままでメッキ加工しました。今後はこのキャリパーにビルドアラインのブラックホースを装着する予定です。
ホイールは

ホイールは

ノーマルのままメッキを施し、フロントフォークも全バラしてボトムケースのみメッキにしています。 ディスクローターにはインナーローターのメッキが綺麗なガルファー製のディスクを採用。カッコイイでしょ!!

バックステップは

バックステップは

VOLTEX製のステップを装着。ステップバーのグリップは最高級で、一度噛み付くとなかなか離れません。
まだ…

まだ…

仮止め状態ですがブレーキ側はこんな感じです。コレに今度はメッキ加工を施す予定です。またこのステップの最大の特徴はヒールガードとステッププレートが一体化しているため、ヒールガードがしなる事もありません。
リアキャリパーも

リアキャリパーも

メッキ加工にガルファーのディスクローターを装備。リア周りもこれでバッチリです。

クローム

クローム

加工をしたVORTEXバックステップ。上の写真と輝きが違うのが分かりますか?
何が何だか

何が何だか

分かり図らいですが一応バックステップのクロームをかけた後の写真です。
リアマスターは

リアマスターは

Gクラフト製ですが、文字とか全部磨いて消してクロームを施しています。こうすればオリジナル性が増しますよね!

ここら辺は

ここら辺は

ベアリングパーツでクローム加工が不可能なので、本人がコンパウンド等で磨きまくったそうです。
この部品も

この部品も

全てポリッシュ。しかも手磨き!細かい部品は人間の手が一番?
タンクキャップは

タンクキャップは

VOLTEX製に変更。キー無しでタンクにアクセス出来る為とっても便利、しかもカッコイイ!!

YANASIKI

YANASIKI

製のジェネレーターカバーをクローム加工しました。今回のクロームはハイクォリティーの物で行いました。
ウォーターポンプも

ウォーターポンプも

クローム加工。以外に目立つ部品だったのでクローム加工してしまいました。
エンジンで

エンジンで

目立つ部分の一つとしてクラッチカバーをメッキ化しました。もともと転倒してキズが付いていた為新しいものを取り寄せて加工しました。ただし、クラッチカバー内部のベアリングの交換が大変なのであまりオススメはしません。

YANASIKI

YANASIKI

製のスイングアームエクステンションを装着。約15cmは伸びているかと思います。カッコは良いですが、スポーツ性能はスポイルされるので気をつけてください。ちなみにこれもメッキをかけています。
エクステを

エクステを

装着して車高バランスが崩れたのでリンクキットで修正。だけではつまらないので直立時にアンダーカウルと、シートカウルが水平になるように車高をさらに下げています。
VORTEX

VORTEX

製のスライダーベースにSixty61のガトリングエンジンスライダーを装着。これを装着そることによってここを軸にバイクを回転させる事が可能になります…。なんてのはウソです!!以外に小さいスパイクの方が刺さると痛いです。

自慢の

自慢の

アナルレーシングANAマフラー!!今にも挿してくれと言わんばかりのANA具合。実際の名前はホットボディーズレーシングと言うメーカで、マフラーや外装を主に取り扱うアメリカ製の商品です。もちろんこのマフラーもアメリカ直輸入!でも作りはやはりアメリカンです・・・
カウルの

カウルの

内部はこんな感じでサイレンサーが配置されています。これだけしかサイレンサーの容量がない為音量もかなり大きめです。さすがアメリカンと言わんばかりの取り付け精度が写真からうかがえると思います。
入荷時の

入荷時の

エキゾーストパイプのクロームの質が悪かったため、再メッキを行いました。

一番のお気に入り!

一番のお気に入り!

普通はマフラーとかに目が行きがちですが、このサイドカバーのクロームが最高です!普通プラスチックならメッキ塗装になるんですが、ここは企業秘密ですがプラが、ほぼ金属に変化してメッキが綺麗にのっているのです。綺麗でしょ!!
マジカルレーシング製

マジカルレーシング製

カーボントリムスクリーン。このタイプは新発売の綾織りタイプのカーボンを使用し、非常に透明度の高いクリアースクリーンを使用しています。マジカルのスクリーンはワークスでも採用されているほどの精度の高い商品なのでストリートでも安心して使用していただけます。
元は

元は

こんな状態から始まっています。これでも良かったのですが一度ストレートでなぜか転倒したため、頭の何処かの線が切れてカスタムの火がついてしまったようです。