Y-RZ400SM??
最新型のDRZ400SMが完成しました!! YZFの外装を身にまとったDRZ。ノーマルとは程遠い概観に惚れ惚れしてしまいます。 装着には、ボルトオンではなくかなりの加工がいるため当店でもあまりオススメは出来ませんがやってみたくなりますよね。

外装パーツばかりに
目が行きがちですが、それよりも注目したいのがコレ!タロンのライトハブブルーアルマイト仕様。ノーマルでもいいんじゃないの?と思いがちですがサーキットなんかで走るなら、やっぱり足回りはちょっとでも軽くしたいですよね!

リムは
RK EXELリムの3.50-17を使用。鏡面仕上げされたリムが超かっこいい!!しかもチューブレス仕様になっているところも軽量化になって良いですよね。 フォークガードはライトスピードのカーボンフォークガードを装着しています。

ブレーキ側には
モトサルゴのスライダーを装着。サーキットでの走行もしているためキャリパーの熱を下げるためにエアスクープを装着。見た目も良く効果も抜群なのでオススメです。

ゼッケンは
お決まりのRMZのゼッケンを使用し、それにカッティングシートでオリジナルアンダーグラウンドを作っています。無地のゼッケンより格段にかっこよく見えます。

またもや
写真の撮影に失敗…。ぼけてますがUFOのフロントフェンダーに切込みをいれメッシュを貼り付けています。

コレが
お題にもあがっているYZFのタンク周りだ。加工は個人で加工されたものですが、かなり精度良く組みあがっています。何と言っても座ればわかるシッティングポジションが最高です。座ればみなやりたくなりますよ!!

フレームの
傷つき防止とニーグリップをしやすくするために、ライトスピードのカーボンフレームガードを装着。カーボンには軽くて強度のあるドライカーボンを使用。大型でホールドのしやすいのでお勧めです。

リアサスは
ノーマルがオイル漏れしたため、オーバーホールするぐらいならと、オーリンズに変更。コンプレッションアジャスターがハイロウ付いているのでセッティングの幅が広がります。

ステンレスの
フートペグはIMSのワイドペグを使用。しっかりとブーツの底を捉えてくれので安心してステップワークが出来ます。

リアホイルも
もちろんEXELリムにタロンのハブを装着。リム径は5.00-17でこれに府フロント同様チューブレスキットを装着しています。

マフラーは
ストライカーのエキゾーストパイプにアクラポビッチの新型サイレンサー、ヘキサゴナルサイレンサーを装着。真似したくなるぐらいカッコいいでしょ!!

キャブレターは
TMR40φを装着。あえてMJNを選ばずSTDのキャブに。人と同じことをしてもつまらないからSTDにしたとか…どちらにせよパワーを上げるにはキャブにカムですよね!もちろんカムだって変更してますよ!

クラッチは
ZETAのピボットレバーを装着。ハンドガードが付いているのでいらないのでは?と思いがちですが、レバーが握りやすくコントロールもしやすくなりますよ!!

メーターは
バーパットにデジタルモニターを埋め込みました。ファットバーにするとこんなことが出来るから良いですよね!

R-1の
ブレーキマスターを装着。もちろんそのままではレバーがハンドガードに接触するためカットを行っています。またそのままでは玉が無く滑りやすいのでレバーラップをつけています。

◎オーナー:北村 様 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2006.11.11
カスタムバイクギャラリーTOPへ
Y-RZ400SM??

Y-RZ400SM??

最新型のDRZ400SMが完成しました!! YZFの外装を身にまとったDRZ。ノーマルとは程遠い概観に惚れ惚れしてしまいます。 装着には、ボルトオンではなくかなりの加工がいるため当店でもあまりオススメは出来ませんがやってみたくなりますよね。
オーナー:北村 様

外装パーツばかりに

外装パーツばかりに

目が行きがちですが、それよりも注目したいのがコレ!タロンのライトハブブルーアルマイト仕様。ノーマルでもいいんじゃないの?と思いがちですがサーキットなんかで走るなら、やっぱり足回りはちょっとでも軽くしたいですよね!
リムは

リムは

RK EXELリムの3.50-17を使用。鏡面仕上げされたリムが超かっこいい!!しかもチューブレス仕様になっているところも軽量化になって良いですよね。 フォークガードはライトスピードのカーボンフォークガードを装着しています。
ブレーキ側には

ブレーキ側には

モトサルゴのスライダーを装着。サーキットでの走行もしているためキャリパーの熱を下げるためにエアスクープを装着。見た目も良く効果も抜群なのでオススメです。

ゼッケンは

ゼッケンは

お決まりのRMZのゼッケンを使用し、それにカッティングシートでオリジナルアンダーグラウンドを作っています。無地のゼッケンより格段にかっこよく見えます。
またもや

またもや

写真の撮影に失敗…。ぼけてますがUFOのフロントフェンダーに切込みをいれメッシュを貼り付けています。
コレが

コレが

お題にもあがっているYZFのタンク周りだ。加工は個人で加工されたものですが、かなり精度良く組みあがっています。何と言っても座ればわかるシッティングポジションが最高です。座ればみなやりたくなりますよ!!

フレームの

フレームの

傷つき防止とニーグリップをしやすくするために、ライトスピードのカーボンフレームガードを装着。カーボンには軽くて強度のあるドライカーボンを使用。大型でホールドのしやすいのでお勧めです。
リアサスは

リアサスは

ノーマルがオイル漏れしたため、オーバーホールするぐらいならと、オーリンズに変更。コンプレッションアジャスターがハイロウ付いているのでセッティングの幅が広がります。
ステンレスの

ステンレスの

フートペグはIMSのワイドペグを使用。しっかりとブーツの底を捉えてくれので安心してステップワークが出来ます。

リアホイルも

リアホイルも

もちろんEXELリムにタロンのハブを装着。リム径は5.00-17でこれに府フロント同様チューブレスキットを装着しています。
マフラーは

マフラーは

ストライカーのエキゾーストパイプにアクラポビッチの新型サイレンサー、ヘキサゴナルサイレンサーを装着。真似したくなるぐらいカッコいいでしょ!!
キャブレターは

キャブレターは

TMR40φを装着。あえてMJNを選ばずSTDのキャブに。人と同じことをしてもつまらないからSTDにしたとか…どちらにせよパワーを上げるにはキャブにカムですよね!もちろんカムだって変更してますよ!

クラッチは

クラッチは

ZETAのピボットレバーを装着。ハンドガードが付いているのでいらないのでは?と思いがちですが、レバーが握りやすくコントロールもしやすくなりますよ!!
メーターは

メーターは

バーパットにデジタルモニターを埋め込みました。ファットバーにするとこんなことが出来るから良いですよね!
R-1の

R-1の

ブレーキマスターを装着。もちろんそのままではレバーがハンドガードに接触するためカットを行っています。またそのままでは玉が無く滑りやすいのでレバーラップをつけています。