KSR乗りが作ったDRZ。
普段はKSRでミニバイクのレースに参戦している、中野さんですがこの度「排気量のでかいバイクが乗りたい」とのことでこのバイクに決まりました。

ブレーキマスターは
ベルリンガー製「ラジアルマスター」を装備。握りこんだ時のフィーリングが最高で、モタード走行時のハードブレーキングも安心です。

マフラーは
スズキと言えばやっぱこれですよね。ヨシムラ製「Tri-Coneチタンサイクロン ファイヤースペック」を装備。JMCA認定のマフラーですが、意外と音は大きめです。TMRなどの社外品のスペシャルキャブレターとの相性も抜群です。

テール廻りは
DRC製の「MOTO LED エッジアルミホルダー」を装備。夜はLEDで明るく安全性も抜群です。スタイルもすっきりするのでカスタムの第1歩にオススメです。

メーターが
ノーマルでは、液晶が見にくいためアクティブ製「LEDデジタルメーター」に変更しました。スピード、タコ、油温、電圧、時計などなど充実の機能となっております。色も4色の中から選べますので気分に応じて変更できて飽きませんよ。

クラッチも
ベルリンガー製「ワイヤークラッチマスター」を装備。ノーマルよりも軽いタッチになりますよ。マスターとセットで見た目もGOODです!

フェイスは。
カスタムの基本は顔面」からと言うことで、XーFUN製「スクエアヘッドライトマスク」をチョイス。このフェイスに変更するとヘットライトバルブを「H4」になりますので、バルブの選択の幅が、ぐっと広がりますよ。

実は。
外観では解りませんが、STM製「スリッパークラッチ」を装備してます。モタード走行には、ものすごく効果的なパーツです。クラッチを一時的に滑らせることにより安定したスライドコントロールが得られます。

ここがポイント。
従来、モトマスターからはDRZ400SM用の設定は無いのですが、RWではオリジナルのサポートを作成して取り付けしました。この「スタイル」「効き」ノーマルとは比較にならないパーツです。このサポートはRWでしか手に入らないので欲しいお客様は、高槻店スタッフ石田までお気軽にどうぞ。

リア廻りは。
ZETA製「削りだしスプロケガード」と「削りだしチェーンガード」を装備しました。ホイールはゲイル製「アルミ鍛造ホイール タイプR」をチョイス。町中での「車線変更」峠道での「倒し込み」などが激変しました。見た目もカッコイイですよね。モタードならではのパーツです。

やっぱりこれっしょ!
DRZの本来のパワーを戻す為にはキャブレター交換が必要です。このキャブレターで驚くほどDRZは速くなります。アクセルワークしだいで「パワーリフト」も出来ちゃいます。

トルクアップの。
見た目は小さいパーツですが、その効果は驚きのかなり大きいです。簡単に申し上げますと、プラグからの点火の回数を増やすパーツです。「アクセルに対する反応」「低速のトルクアップ」と体感的に違いが解ります。スタッフも多く装着しており、いろんな車両でテスト済み確実に速くなってますよ。

ハンドルクランプも。
ZETA製「ハンドルバークランプキット」でテーパーハンドルに交換しておりす。転倒時のダメージも少なくなるのと、クランプの高さを30ミリ~65ミリの中から選べるので、より自分好みのポジションに出来ますよ。ハンドルはZETA製「SXバー モタードLOW」をチョイス。

◎オーナー:中野様 ◎担当:木寅 泰孝(高槻店) ◎掲載日:2006.12.09
カスタムバイクギャラリーTOPへ
KSR乗りが作ったDRZ。

KSR乗りが作ったDRZ。

普段はKSRでミニバイクのレースに参戦している、中野さんですがこの度「排気量のでかいバイクが乗りたい」とのことでこのバイクに決まりました。
オーナー:中野様

ブレーキマスターは

ブレーキマスターは

ベルリンガー製「ラジアルマスター」を装備。握りこんだ時のフィーリングが最高で、モタード走行時のハードブレーキングも安心です。
マフラーは

マフラーは

スズキと言えばやっぱこれですよね。ヨシムラ製「Tri-Coneチタンサイクロン ファイヤースペック」を装備。JMCA認定のマフラーですが、意外と音は大きめです。TMRなどの社外品のスペシャルキャブレターとの相性も抜群です。
テール廻りは

テール廻りは

DRC製の「MOTO LED エッジアルミホルダー」を装備。夜はLEDで明るく安全性も抜群です。スタイルもすっきりするのでカスタムの第1歩にオススメです。

メーターが

メーターが

ノーマルでは、液晶が見にくいためアクティブ製「LEDデジタルメーター」に変更しました。スピード、タコ、油温、電圧、時計などなど充実の機能となっております。色も4色の中から選べますので気分に応じて変更できて飽きませんよ。
クラッチも

クラッチも

ベルリンガー製「ワイヤークラッチマスター」を装備。ノーマルよりも軽いタッチになりますよ。マスターとセットで見た目もGOODです!
フェイスは。

フェイスは。

カスタムの基本は顔面」からと言うことで、XーFUN製「スクエアヘッドライトマスク」をチョイス。このフェイスに変更するとヘットライトバルブを「H4」になりますので、バルブの選択の幅が、ぐっと広がりますよ。

実は。

実は。

外観では解りませんが、STM製「スリッパークラッチ」を装備してます。モタード走行には、ものすごく効果的なパーツです。クラッチを一時的に滑らせることにより安定したスライドコントロールが得られます。
ここがポイント。

ここがポイント。

従来、モトマスターからはDRZ400SM用の設定は無いのですが、RWではオリジナルのサポートを作成して取り付けしました。この「スタイル」「効き」ノーマルとは比較にならないパーツです。このサポートはRWでしか手に入らないので欲しいお客様は、高槻店スタッフ石田までお気軽にどうぞ。
リア廻りは。

リア廻りは。

ZETA製「削りだしスプロケガード」と「削りだしチェーンガード」を装備しました。ホイールはゲイル製「アルミ鍛造ホイール タイプR」をチョイス。町中での「車線変更」峠道での「倒し込み」などが激変しました。見た目もカッコイイですよね。モタードならではのパーツです。

やっぱりこれっしょ!

やっぱりこれっしょ!

DRZの本来のパワーを戻す為にはキャブレター交換が必要です。このキャブレターで驚くほどDRZは速くなります。アクセルワークしだいで「パワーリフト」も出来ちゃいます。
トルクアップの。

トルクアップの。

見た目は小さいパーツですが、その効果は驚きのかなり大きいです。簡単に申し上げますと、プラグからの点火の回数を増やすパーツです。「アクセルに対する反応」「低速のトルクアップ」と体感的に違いが解ります。スタッフも多く装着しており、いろんな車両でテスト済み確実に速くなってますよ。
ハンドルクランプも。

ハンドルクランプも。

ZETA製「ハンドルバークランプキット」でテーパーハンドルに交換しておりす。転倒時のダメージも少なくなるのと、クランプの高さを30ミリ~65ミリの中から選べるので、より自分好みのポジションに出来ますよ。ハンドルはZETA製「SXバー モタードLOW」をチョイス。