HAPPY FATな人
今回紹介させていただくDRZは、なんとマルケジーニが装着されています。 チューブレスといえばゲイルスピードが定番ですが、やっぱりマルケはカッコイイですよね!! 黒い悪魔を飼っている樋口様ですがこの悪魔は言うことを着てくれるのでしょうか・・・?

珍しく
今回のDRZはゼッケンではなくノーマルのヘッドライトを装着しています。 もちろんノーマルのままではインパクトに欠けるのでゼッケン風にデカールを作りました。 こうするとノーマルでもいいかな?と思いますよね!

お気に入りの
デカールはオリジナル!DCのロゴをメインに可愛く仕上げています。 製作には日数がかかりましたがなかなかの出来です。

フロントフェンダーは
UFOのモタードエアロフェンダーを装着。そこにオリジナルのデカールを装着。DORAGONロゴがカッコイイ!! また最近フェンダーにスクープも装着してしまいました。

ゼッケン風の
サイドカバーにはレッドブルのマークを入れています。DRZは曲面が多くサイドカバーはゼッケンを張りにくいので、白のラインを入れることでゼッケン風に仕上げることが出来ました。

最近流行の
アントライオン製のエンジンマウントスライダーから。S1のビデオを見てカーボンパーツが欲しくなりライトスピードに変更してしまいました。

クラッチ
カバーは大切にしているスリッパークラッチを守るためドライカーボンのライトスピードのクラッチカバーを装着しています。 機能だけでなく見た目もグググ・グ~です!!

ピストンを
JEのハイコンプピストンに変更したため、点火タイミングを適正にすべくASウオタニ製のSP2を装着しました。また装着する事よりレブリミットの設定も可能になるので一石二鳥です。

定番の
キャブレターはヨシムラTMR-MJNキャブレター。 もちろんの事ながらトライコーンとの相性もよくほとんどポン付けで乗れてしまう優れもの!!しかも燃費がよくなるやら…という噂も。

サイレンサーを
定番のヨシムラサイクロンからレオビンチのサイレンサーに変更。ヨシムラのサイレンサーではチューニングしたエンジンに対応できなくなってきたためやむなく変更しました。でもその後は快調で一番のお気に入りだそうです!!

そして…
ホイールはマルケジーニを装着。速いか遅いか分かりませんが、当店では初のモタードマルケジーニ。カッコイイですよね!思わず自分も欲しくなりました。

フロントも
もちろんマルケジーニを装着。それにオリジナルのモトマスターフレイムキットを装着。軽量ホイールと軽量キャリパーによってサスペンションの動きもよくなり路面の追従性もアップしました!!

ノーマルの
ヒールガードはかっこ悪いのでZETAのヒールガードを装着。こうする事により安全かつカッコよくリア周りを演出できます。

視認性もよく
整備性も上がるライトスピードのカーボンスプロケットカバーを装着しました。

ステップは
関東でもよく売れているNECTO製のステップを装着。グリップもよく、角度が少し付いているのでニーグリップもしやすいです。 お勧めですよ!!

最近
発売になったばかりのリアブレーキクレビスを装着。削りだしで作っているためノーマルと違いブレーキピンのクリアランスがない為ダイレクトなブレーキタッチが得られます。

ハンドルは
プロテーパーからレンサルのツインウォールバーに変更。最強の強度を誇るこのハンドル、私も付けていますがこの5年間転倒して一度も変えたことはありません。

レバーは
今一番人気のZETAのPIVOTレバー!握りやすくレバーの調整も出来るのでよく売れています!!

ハンドガードは
サイクラのプロベントハンドガードにZETAのXCプロテクターを装着し、専用のフラッシャーを着けてフロンと回りはスッキリさせています。 ただしこのフラッシャーでは灯火面積が足りないので車検は受かりません。

左側の
カバーは先月のモトライダーでも紹介があったようにペイントを施しています。そして愛用のドラゴンのステッカーを貼っています。

ツーリングに
も行く樋口様は奥様からナビをプレゼントされた為こんな所にマウントキットを装着しました。ただしこの取り付けをするにはそれなりの強度が求められるのでおそらくサイクラのハンドガードでないと不可能だと思います。

ノーマルの
ヘッドライトだと暗いのでWR250Rのノーマルヘッドライトに変更!こうする事によりバルブがH4になりハロゲンバルブや、HIDの装着が可能になります。

◎オーナー:樋口 様 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2008.01.22
カスタムバイクギャラリーTOPへ
HAPPY FATな人

HAPPY FATな人

今回紹介させていただくDRZは、なんとマルケジーニが装着されています。 チューブレスといえばゲイルスピードが定番ですが、やっぱりマルケはカッコイイですよね!! 黒い悪魔を飼っている樋口様ですがこの悪魔は言うことを着てくれるのでしょうか・・・?
オーナー:樋口 様

珍しく

珍しく

今回のDRZはゼッケンではなくノーマルのヘッドライトを装着しています。 もちろんノーマルのままではインパクトに欠けるのでゼッケン風にデカールを作りました。 こうするとノーマルでもいいかな?と思いますよね!
お気に入りの

お気に入りの

デカールはオリジナル!DCのロゴをメインに可愛く仕上げています。 製作には日数がかかりましたがなかなかの出来です。
フロントフェンダーは

フロントフェンダーは

UFOのモタードエアロフェンダーを装着。そこにオリジナルのデカールを装着。DORAGONロゴがカッコイイ!! また最近フェンダーにスクープも装着してしまいました。

ゼッケン風の

ゼッケン風の

サイドカバーにはレッドブルのマークを入れています。DRZは曲面が多くサイドカバーはゼッケンを張りにくいので、白のラインを入れることでゼッケン風に仕上げることが出来ました。
最近流行の

最近流行の

アントライオン製のエンジンマウントスライダーから。S1のビデオを見てカーボンパーツが欲しくなりライトスピードに変更してしまいました。
クラッチ

クラッチ

カバーは大切にしているスリッパークラッチを守るためドライカーボンのライトスピードのクラッチカバーを装着しています。 機能だけでなく見た目もグググ・グ~です!!

ピストンを

ピストンを

JEのハイコンプピストンに変更したため、点火タイミングを適正にすべくASウオタニ製のSP2を装着しました。また装着する事よりレブリミットの設定も可能になるので一石二鳥です。
定番の

定番の

キャブレターはヨシムラTMR-MJNキャブレター。 もちろんの事ながらトライコーンとの相性もよくほとんどポン付けで乗れてしまう優れもの!!しかも燃費がよくなるやら…という噂も。
サイレンサーを

サイレンサーを

定番のヨシムラサイクロンからレオビンチのサイレンサーに変更。ヨシムラのサイレンサーではチューニングしたエンジンに対応できなくなってきたためやむなく変更しました。でもその後は快調で一番のお気に入りだそうです!!

そして…

そして…

ホイールはマルケジーニを装着。速いか遅いか分かりませんが、当店では初のモタードマルケジーニ。カッコイイですよね!思わず自分も欲しくなりました。
フロントも

フロントも

もちろんマルケジーニを装着。それにオリジナルのモトマスターフレイムキットを装着。軽量ホイールと軽量キャリパーによってサスペンションの動きもよくなり路面の追従性もアップしました!!
ノーマルの

ノーマルの

ヒールガードはかっこ悪いのでZETAのヒールガードを装着。こうする事により安全かつカッコよくリア周りを演出できます。

視認性もよく

視認性もよく

整備性も上がるライトスピードのカーボンスプロケットカバーを装着しました。
ステップは

ステップは

関東でもよく売れているNECTO製のステップを装着。グリップもよく、角度が少し付いているのでニーグリップもしやすいです。 お勧めですよ!!
最近

最近

発売になったばかりのリアブレーキクレビスを装着。削りだしで作っているためノーマルと違いブレーキピンのクリアランスがない為ダイレクトなブレーキタッチが得られます。

ハンドルは

ハンドルは

プロテーパーからレンサルのツインウォールバーに変更。最強の強度を誇るこのハンドル、私も付けていますがこの5年間転倒して一度も変えたことはありません。
レバーは

レバーは

今一番人気のZETAのPIVOTレバー!握りやすくレバーの調整も出来るのでよく売れています!!
ハンドガードは

ハンドガードは

サイクラのプロベントハンドガードにZETAのXCプロテクターを装着し、専用のフラッシャーを着けてフロンと回りはスッキリさせています。 ただしこのフラッシャーでは灯火面積が足りないので車検は受かりません。

左側の

左側の

カバーは先月のモトライダーでも紹介があったようにペイントを施しています。そして愛用のドラゴンのステッカーを貼っています。
ツーリングに

ツーリングに

も行く樋口様は奥様からナビをプレゼントされた為こんな所にマウントキットを装着しました。ただしこの取り付けをするにはそれなりの強度が求められるのでおそらくサイクラのハンドガードでないと不可能だと思います。
ノーマルの

ノーマルの

ヘッドライトだと暗いのでWR250Rのノーマルヘッドライトに変更!こうする事によりバルブがH4になりハロゲンバルブや、HIDの装着が可能になります。