08BUSA US STREET CUSTOM 日記 鶴ヶ崎様編 其の壱

毎度!浦安店の安冨です。今回は先日青森県から千葉県のソデホンで隼を購入されたお客様のカスタム紹介です。当店で車両の引き上げに行ってきたので、もちろん走行距離は0km…。
今回の隼のオーナーは、なんと女性です!ですから、カスタムと言ってもまずは乗りなれることが第一なので、ローダウンからカスタムをはじめます。
ただしただローダウンするだけではオーナーも物足りないみたいで、かっこよくローダウンして欲しいとの希望でしたのでその希望通りさせて頂く事となりました。
ランソム製のコントラストカットトップクランプ。
VORTEX製の隼用スライダー。
ロアリングトイズ製のショートキックスタンド。
今回使用するのは上の写真の部品と、写真に収め忘れたロアリングトイズ製の5HローダウンリンクとETCを装着します。
また今回は珍しくブラックで部品を統一。こうすることによりフレーム等の余計な部分に手を加えることなくカスタムが出来るのでメッキをするより比較的安く仕上げることが出来ます。もちろん価格面だけではなく最近ではこの手のコントラスト仕様が少し流行りつつあります。私もそれにのっかった一人です。
業界一の舌を持つ漢。
今回の組み付けは全てメカニック責任者の小高による作業で、慣れた手つきで隼を分解していきます。実は当店の小高は鈴木のメカコンテストで1の実力者!サクサク作業も進め余裕すら伺えます。
まぁどちらかと言うと写真の後ろでツーリングの行き先を決めている2人のほうが余裕をかましているようにも思えますが、彼らは真剣です。
綺麗に装着できたでしょ!
VORTEX製のフレームスライダーは、装着する際に便利な型紙等が付いていません…なので某D社さんの便利な型紙を利用して穴あけの位置を決めて加工すると綺麗に位置決めが可能です。
ただし注意していただきたい点として、D社のスライダーと取り付け方法が若干違うので実際には位置決めをするだけになりますので注意してください。
いろんなメーカーの部品を作業していると便利なツールも出てくるものですね!皆さんもD社の型紙ぜひ使ってみてください。
あまり進めすぎるとネタが無くなるので今日はこの辺で止めておきます。次回はトップブリッジとサイドスタンド、ETCです。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!