〜07BUSA US STREET CUSTOM日記 原田様 編 其の弐

毎度!浦安の安冨です。前回のケミカルはお役に立っていますか?やるかやらないかでは大分差が出ますので是非お手入れをオススメします。
アメリカから届いたばかりの新品ホイール。
では今回は遂に本題に突入です!いつもはカッコ良さのあまりリア周りから作業を進めていくのですが、今回は冷静にフロントから作業を行っていきます。
なぜフロントからかと言うと大抵ローダウンを施した車両が多くジャッキアップとホイールの抜き差しに大変手間がかかるので本来はフロントから始めるのがこの手のカスタムのスタンダードな手順と言えるでしょう!
贅沢を言えばディスクローターもクロームにしたいところですが、今後のカスタムの楽しみにここら辺は残しておくのも良いでしょう。
先に手入れしておけば後で面倒になりませんよ!
ついでと言っては何ですが、ディスクを外したらブレーキダストを綺麗に落としておく事をオススメするのと、左右のディスクのインナーの位置をきっちり合わせておきましょう!バイク屋さんによってはあまりこの辺を気にせず装着しているところがあるようで、ホイールを通してみるとインナーがちぐはぐになっている事が良くありますので気をつけて組み付けるようにしましょう!
あと、ディスクローターのボルトは必ず新品のボルトを用意しておくことをオススメします。ノーマルを外す時、ネジロック剤がボルトについているため外す際にボルトの頭が痛んでしまうことがまれにあります。そうなると楽しみにしていた作業が中断なんてこともあるので必ず用意しましょう。
そして無事にフロントホイールの交換が終了。やはり〜07のハヤブサはインナーローターのサイズが大きいのでホイールのデザインがどうしても隠れてしまいます。自分の腕に自信があるならシングルディスクも良いかもしれませんが、そうでもないならクロームディスクや同デザインのディスクに交換をオススメします。
なんだかチョット惜しい!って感じですよね・・・。今後を楽しみにしましょう。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!