郵政カブをご存知ですか?

今回のブログは、名古屋店ミニバイク担当の「金山」です。 郵政カブとは郵便局員の方々がお仕事で使う赤色のあの車輌の事です。 郵政民営化以前の話ですが、知人から格安で6V車を譲ってもらったのですが、古い車体で色褪せも気になっていたのでオールペイントに出してみました。(赤色のままだと近所の住民の視線が痛い・・・ 配達をサボっているとゆう噂がチラホラと・・・)
街で見かけた車と同じ色で塗ってもらったのですが今度は派手すぎて、乗るには少し勇気がいります。 組み立ての際に、少しだけペイントが剥離してしまったので、タッチアップペイントを探したのですが某カー用品店にも在庫が無く、仕方なしに近所にあるカーディーラーを訪ねる事にしました。
フォルクスワーゲンのビートルと同じ色でペイントしたので純正のタッチアップを購入しました。
ショールームのスタッフの方に事情を説明すると快く調べていただいて色の名称がサンフラワーイエローだと教えてもらいました。夏にピッタリな感じがしませんか?

最近取り付けたハードケース、ワンプッシュで開閉できて使い易いですよ!! 種類も機能も豊富でまさに新世代ハードケース。当店で取り扱いありますので、「クーケース」でスタッフに尋ねてみて下さい。 カタログも配布していますよ!
もう一品、あると便利な商品を紹介します、タナックスさんから発売されている二輪用の電波時計です。面倒な時間合わせが不要でいつでも正確な時間を表示できます。少し大きめサイズですが、視認性は良好で防滴仕様、通勤には本当に便利です。当店ではツーリングコーナーで販売しています。
今回、ペイントと同時進行で6Vから12Vへ電装をコンバートしてみました。モンキーと同じ方法で、レギュレーター等の部品を交換して上手くいくはずだったのですが、ここでヘッドライトバルブが頻繁に球切れになってしまうといった問題が発生!!原因が解らずバルブを3つも犠牲にしてしまったのですが、配線図をたどっていくと灯火系と信号系の経路が別物だと判明・・・。早速、運命の赤い線で繋いで問題解決。夜道で無灯火は危険ですからね〜。 しかし、元々は6V車なのに12V以上の発電量があるようで、意外と高性能な小型交流発電機が搭載されていたのですね〜。
郵便カブつながりでオマケ話です。 先日、郵便局の窓口でEXPACK500を2セット購入すると郵便ポスト型の景品が貰えるといった広告を見ました。最初は気にも留めていなかったのですが、たった一言、私の心を揺さぶったのは「限定非売品」・・・何故かこの手の言葉には昔から弱くて、結局購入・・・景品欲しさに我ながら大人気ないと反省・・・・ あの手この手で何だかズルいような気もしますが、この営業手法も民営化した影響なのだろうか?
景品はポスト型の判子ケースでした、朱肉も付くので便利そうなのですが、きっとその機能を役立てる場面はやって来ない様な気がします。 今はブルーの「クマちゃんパッド」が景品で貰えるそうですが、一体何に使うのかは私も知りません・・・・。 興味のある人は郵便局の窓口に、そうでない方はレーシングワールドに足を運んで見ませんか?
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!