どうするブレーキ廻り!?

こんにちわ。南大阪店の松村です。 ほんとに暖かくなりました♪これからはツーリングにサーキットに忙しい季節ですね!!私も先日は、岡山国際サーキットにスポーツランド生駒にと、サーキット続きでしたよ。コレだけバイクで走ると気になってくるのが、そうブレーキ廻り!!止まれない、怖い。そんな不安を解消するのが真のカスタムというものです。
南大阪店最近売場をいろいろと変更しまして、まず注目していただきたいのがこの写真。大人気のブレンボ達が満載のショーケースです!もちろんブレンボだけではありません。今話題沸騰中のイタリアンビレットマスターやカラーアルマイトが人気のベルリンガーなど、様々なマスターが選べます。もちろんキャリパーもブレンボからベルリンガー、ニッシンなど。組み合わせも自由なのでご自身の好みや性能に合わせて、納得のいく構成に仕上げてください。
さて、マスターやキャリパーだけでは納得出来ない。もっとカスタムしたい!見た目を変えたい。レーサーにしたいとお考えの方もいることでしょう。そこで次の提案がこちら。ブレーキローターです!ブレーキローターとは言っても、デザインも性能も様々です。レーサー思考の方にはサンスターのフローティングディスクがオススメ!そしてデザインもウェーブと呼ばれる花形のモノから円形、そして大幅な肉抜きがされていたりスリットが入っていたりします。それぞれ、ブレーキング中でもディスク温度を安定させ反りや歪みの発生を押さえる、 常に変化するパット接触面に対してもクリーニング効果を維持するなどの特徴を持っています。
そしてマスターやキャリパーを変更する時、また初めてのブレーキ廻り弄りによく話題に上がるのがブレーキホースです。当然のことと思われるかたかも知れませんが、これは本当にバカに出来ない重要なカスタムです。ゴムホースからメッシュに変える見た目の変化は当然のこと、ブレーキングがちゃんと変化するのです。近年のスーパースポーツには標準装備されていることからも分かるように、サーキットなどでも重要なポイントなのです。このダイレクト感を知ってしまうと、もうノーマルのゴムホースは使えませんよ?
それぞれの特徴や利点などを、各売場でわかり易い説明を設置しております。ご自分がどうしたいのか、何をカスタムしたいのかじっくり吟味していただけます。そして、そのカスタムの為に何が必要なのかをアドバイスさせていただきますので、どしどし声をおかけくださいね♪ブレーキはサーキットではタイムを縮めたり的確な操作をする為に、公道では安心した走り、危険回避の最重要項目となります。 安心したカスタムやメンテナンスを進めていくためにも是非一度ご相談ください。それでは今回はこれにて失礼致しますm(_ _)m
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!