08BUSA US STREET CUSTOM日記 澤田 様編 其の九

毎度!浦安店の安冨です。今日はいきなり本題に入らしていただきます。前回の紹介で大体どんなものが入ってきたか分かると思いますが今回はその組付けを行います。
メカニックの熊谷がレタリングを担当。
とは言っても下準備も必要で、組み付ける前に目立つ部品をより分かりやすくするために今回のタイヤにはレタリングしてしまいます。ただ付けるだけでは面白くないのでカッコイイ部分だけペイントして誰が見てもサイズ記載が分かるようにしました。 いがいに時間もかかり神経を使う作業で緊張したそうです。
その後の作業としては、車体から外装をひっぺがし丸裸の状態にして、天井から車体を吊り下げます。もちろん保険でフレーム下からジャッキアップして車体を安定させます。 その後はブレーキパーツ、チェーン、ホイール、サスペンション、スイングアームを全て外していきます。もちろんノーマルの車体ならマフラーも邪魔になるのでマフラーも外します。
バラバラにしていく準備は完了!
コレでリア周りは全てなくなりました。
そして外して比較してみると、コレだけのサイズの差が出ました!まるでハヤブサとNSR50のスイングアームの様なサイズの差です…。しかも今回のスイングアームは10インチロングとなりノーマルから比較すると25cmほどのロングとなっているから迫力もあります。もう一枚はハヤブサ用のハイパーコイル製のハードスプリングです。これと言った特徴はありませんが、これだけ長いスイングアームにきちんと対応したバネレートになっているそうです。
ガリバー級のサイズです・・・
左がノーマルで右がハイパコです。
カッコ良すぎでしょ!
そしてついにスイングアームがフレームとドッキング!!まるでガンダムとコアブースターのようです。意外なところでガンダム好きがばれてしまいましたが、30代〜の方なら分かっていただけると思います。決してどっぷり漬かっている訳ではありませんが、知っているから出てしまっただけなんです・・・。 でもこのデカさは迫力あるでしょ!もちろんこの状態に行くまでは数々の困難がありその部分を紹介するときりが無いのでお伝えはしていませんが、とにかく無事につきました。
ここで一区切りにして、この後は後編とさせていただきます。次回をお楽しみに。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!