08BUSA US STREET CUSTOM日記 赤い彗星 様編 其の参

毎日寒い日が続いていますがいかがお過ごしですか?これだけ寒いと中々バイクに乗る気も起こらないですよね! だったらこの乗らない時期を上手く使ってカスタムでしょ!実際に赤い彗星さんは一番乗りにくい時期を避けてカスタムしていただいています。まぁ私もその口ですが・・・。 是非とも皆さんもこのタイミングにカスタムをしましょう!今ならまだ間に合いますよ!!
RMW製のクランプ、キーホール、インバートキャップを使用します。
さて今回は前回お伝えしていたとおり、ハンドル周りのカスタムを行っちゃいます。今回使用する商品は、RMW製のこのキットで行います。 内容は先日澤田様の隼に装着したボールカットタイプのトップクランプに、キーホールカバー、それとフロントフォークキャップにはインバートタイプのフォークキャップを使用します。 なかなか渋い組み合わせですよね!特にインバートパーツはオススメです!何より逆に写るギミックが最高です。
交換には上部のクランプ、ハンドルバー、スイッチそれぞれの分解が必要になります。また今回は前にお伝えしたローダウンも行っているのでフロントアップスタンドを使用し突き出しを約2cm行います。 基本的にボルト類はノーマルのものを再利用しますのでミリ工具で作業が可能ですが、付属で突いているボルト類はインチの可能性が高いので気をつけてください。
元はこの様な状態です。結構丸みがありますよね。
上部のクランプを外すとこんな感じです。各部のメッキを行うときにはロアクランプもメッキにしたいですね!
そして交換後がこの様な感じになります。かっこいいでしょ!
統一感を出すために避けては通れないパーツです。
次に使用するのがこのクロームパーツ。そう!当店オリジナルのハンドルスイッチです。高度なメッキ技術でプラスチックにまでメッキがかけれるようになり、当店での人気パーツとなりました。 但し、スイッチの印字が消えてしまいます。ですので、ピンストイベントの時などにご自分の好きな絵、文字などを書いていただくとより一層オリジナリティーがでて良いかもしれません。 それにしてもいつ見ても綺麗です。ただし価格もいい値段しますけどね…。
交換はお客様が創造している以上に大変です。何故かと言うと部品の組み換えが必要だからです。基本的にこの商品はエクスチェンジ仕様。そう交換パーツだからです。お客様のスイッチを下取り、新たにクロームのスイッチを購入していただくと言うシステムになっているからです。 ですので単品での販売になると金額が恐ろしく跳ね上がるので今のところ単品販売はしていません。
ここから小さいビスの一本まで外し交換していきます。
バックが綺麗ではありませんが、交換した後はこんな感じになります。
こんな感じで今回の作業は終了です。次回はグリップ?の装着を予定していますのでお楽しみに。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!