YZF-R1 US STREET CUSTOM日記 山崎 様編 其の弐

お待たせしましたYZF-R1カスタム日記第二段!!しかもまた今回からネーミングが変わります。これは浦安独自の路線と言うか、世間的にというか、こんな感じで良いんじゃないかと思いUS STREET CUSTOMとさせていただきます。お客様から色んな意見を聞き考えに考え抜いたキャッチです。 お店でやっている以上何かカテゴリーみたいなものが無いとどうもやりにくく、かといって何処から何処までがUSなの?的な事も決めれるわけも無いのですが、なんとなく浦安店、私個人で勝手に考えました。 ですのであまり名前にとらわれずご覧頂けると助かります。 話は大分とそれましたが、本題に移りましょう。今回は前回紹介させていただいたR1のスペシャルなパーツが出来上がったのでその紹介です。
メッキ風塗装では無く、メッキです。
今回用意したものはクレバーウルフレーシング製のカーボンフレームガードです!聞くだけではカーボン?とお思いの方が大半かもしれませんが、今回はそのカーボンにメッキを施してしまいました! ごく一般的に考えればそんなの勿体ないと思われるかもしれませんが、そんなのかんけね〜。 カーボンしかないんです・・・仕方なかったんです。しかもクレバー製のカーボンは質も良くフレームのほとんどがカバー出来るためメッキには最適だったんです。
良い事ばかり書いていますが、やはり落とし穴はあります。樹脂やカーボンFRP等をメッキ加工すると多少の歪み等が出ます。またメッキになり表面は金属同様になりますので、曲げ等の融通が利かなくなります。 ですが、それを押しても装着したいと思っていただける出来だと思います。 こんな感じで紹介は終わりますが、取り付けはいたって簡単!!外装を剥がしてラジエターをずらします。その後フレームを綺麗に脱脂して、貼り付けるだけです。何で付けるかって言いますと、3Mの両面テープで固定します。コレだけでもしっかり付くので安心してください。
こちらがノーマル状態です。
カバーを装着するとこんな感じになります。
コレだけ綺麗に映り込めば上等でしょ!!
装着後はバイクギャラリー用の写真撮影。といっても、いつもの位置に配置していつもの様に撮影しているだけですが・・・ 最後にギャラリー用の全体写真を載せておきます。実はこうなっていたんです。凄いでしょ!!って言っても今回のリア周りは、お客様が組み込まれています・・・が凄いです。 詳しくはギャラリーに後日アップしますのでお楽しみに。
スイングアームはC&S製の12インチロングスイングアームを装着し、240タイヤを履いています。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!