YZF R1ニュースクールカスタム日記 山崎 様編 其の壱

ハヤブサ以外の車両のブログがようやく出来る様になりました。とは言っても今回は完成に近い車両を持ち込んでのカスタムとなります。 車両は06年式のR1、真っ黒の車両です。この車両は、そもそも黒い車体から鴉と名が付けられているそうで、そのイメージを崩さないように黒とクロームでラグジーな車両を作り上げていきます。
RAVENとは鴉と言うみたいですよ!
コレ実はポリッシュです。まるでクロームのような輝きです。
そして今回装着する部品がコレ!!RC components製のホイールRAVEN。しかも装着するのはフロントのみ。 なぜフロントホイールのみかは後のお楽しみ!!
カールリムを採用する事によりワイドに見せる事が出来ます。
綺麗に削ってあるでしょ!国産のホイールでこの様なデザインのものがあるでしょうか?
さて商品の紹介等も含めて車体に組みつけていきましょう。リムは3.50-17インチホイール、タイヤサイズは標準の120/70-17を装着します。今年モデルからのRCホイールの特徴でもあるカールリムでよりホイールを大きく見せることが出来ます。 そしてカタログ上で見るホイールスポークは平面的で単に削ってあるだけのように見られがちですが、ここが国産とは違い手が込んであります。スポーク1本1本に立体感を持たせ平面をほとんど無くしています。 写真ではコレが限界ですが実物はもっと凄いです。
キャリアが大きいのはワザとでしょうか?実際に持つとその重さに驚愕!!
運動性能を著しくスポイルしてしまいそうなこのホイールデザイン。ディスクキャリアをここまで大きくする必要があるのでしょうか?重量はノーマルのリアホイール並みに重くなる事もあって抜群のジャイロ効果を生み出します!! 彼は平気そうに持っていますが、女性が片手では持てない位の重量です。
ちゃんと採寸し組み付けます。しかし日本の製品は良く出来てると改めて思わされます・・・
そしてホイールを組みつけに掛かるのですが、ここでちょっとした問題が発生!USパーツと言う事もあって組みつけに際しての手順が一切書いてな〜い!! しかもホイールは左右共通!ほんとに?でも微妙〜に違うんです。もちろんホイールカラーも左右微妙に違ううんです。なもんで、仮組みでディスク板を組みホイールに装着・・・合った!当たりです!!ってやっつけ作業みたいに思われがちですが、ちゃんと寸法取りはしてますから・・・ご心配なく。
組み付けにはもちろん緩み防止のロックタイトを塗布ししっかりとトルク管理をして組み付けします。完成した写真を見るとディスクのインナーもクローム化した方が良いような気がします。 今回は全部?前部しか公開しませんが次回には全体像をアップできるように考えてますのでそれまでお楽しみに・・・
ホイールもインナーもクロームにするとよりカッコよく見えると思いますが、今後のカスタムの課題ですかね〜?
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!