08BUSAニュースクールカスタム日記 荒沢様 編 其の五

08BUSAニュースクールカスタム日記 荒沢様 編 其の五
2008-08-11 10:57:39
浦安店:安冨 真弥
そう言えば最近CBR1000RRの08モデルを良く見るようになりました。写真を見ている限りピンと来るものは無かったんですが、現車を見た瞬間色んな妄想が頭をよぎり、どんだけ車高が下げれるだろうとか、ナンバーは何処につけようとか、240サイズのタイヤでプロアームが似合いそうだとか現実離れした構想が頭をよぎります。


子猫のように可愛いステップ達…ちなみに私は犬派です。
雑談はコレぐらいにしておいてそろそろ本題に移りましょう。今回はこの段ボール箱に入ったステップたちをメッキ加工に出すために本体から外しました、もちろんこの後の分解する写真もあるのですがあまり見てもつまらないので紹介だけにとどめておきます。
ノーマルをメッキ?と思われる方も多いかも知れませんがコレが以外にいけてるんです!ハヤブサのノーマルステップはデザインも良く、メッキするだけでも見栄えが大分良くなります。またその人に合ったポジションというものもある訳ですから一概にバックステップが良いとは限りません。
例えば今後シートをあんこ抜き加工しようとしたとき、極端なポジションだと正直きついと思います。そこら辺も考えてパーツを選んだ方が良いですよね!


タイヤサイズは330/30-17です。ホイールサイズは12Jです。ちなみにノーマルは6Jです。
もういい加減引っ張りすぎたのでカスタムの芯となる部分をそろそろ紹介して行きます。料理で例えると、今迄が前菜だとすれば、ここからがメインデッシュとなるのかもしれません。
そうまさにメイン、ボンレス級のアレを付ける時が来たんです!!ロアリングトイズ製のKING330KITを装着します。
忘れつつあるので前回を振り返りますが、以前サスのスプリングの交換を行ったのを覚えていますか?あれはこのKING330の付属品でノーマルのバネレートでは支えきれないのでコレ用に用意されたものなのです。
ド迫力のホイールでしょ!これがバイク用なんて信じれますか?330なんてカウンタックぐらいですよ!


そしてこのホイールを支えるためのスイングアームがこちらです。当たり前ですが幅だけ合わせてタイヤを履いてもチェーンラインが出ないのでチェーンはダブルです。アイドルギアを真ん中に設けてオフセットさせています。
幅だってノーマルと比べたら約2倍はあると思います。スイングアームに関してはベアリング等が挿入されていないのでプレスで慎重に組み込んでいきます。そして組みつけになったのですが、事件です姉さん!!
今まで何の問題も無くボルトオン状態で装着が進んでいたにも拘らず作業をストップするはめに。遂にやってくれたなアメリカ人!スイングアームのリンク部のベアリング内径がカラーと合わない!!最悪の事態になってしまいました・・・。


意味も無く広げたくなるぐらい幅広のスイングアーム。もちろん幅だけでなく長さも8インチロングです。
真剣なまなざしで見ているだけの小泉店長!カメラが向くといつもこうなんです。

本来ならここでストップなんですが、せっかくなんでフロントホイールをお披露目しておきましょう。ディスクはモトマスターのフレイムディスクをメッキ加工して、フローティングピンをステンレスで打ち直しました。
しかしこのRCのROYALホイールはかっこいいですよね!!個人的にはフロントフェンダーをカットして後ろだけ泥除けとして付けてホイール丸見えで走りたいです。


うん!やっぱりフェンダーは要らない気がする。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!