08モデルのあいつが来た!!

08モデルのあいつが来た!!
2008-07-21 09:33:20
浦安店:安冨 真弥
大きくなって一層見やすくなったスピードメーター。
遂に08モデルのCBRが浦安店にやってきた!!色は黒で私の求めていたトリコではないが、それでもまじかに見る事は始めてなので分解しながらじっくり見ていこう!
全体写真は無いので部分カットになりますがお許し下さい。で、先ずはスピードメーターから。タコメーター14000回転の針式でもちろんステッピングメーター。スピードはデジタル表示で見やすい文字盤に。
メーター横にはなにやらボタンの様な物がありましたが怖いので触れません。


次は一目見ただけでは何も無いように見えますが、実はタンクカバー内部にはステアリングダンパーが内蔵されています。以前の用にいかにも付いてますって言う感じじゃ無い所がいいですよね。ここら辺は熟成したって感じです。


肉抜きされて軽量化が施されたトップブリッジ。店頭の時にはここから割れてフレームを守ってくれるのでしょうか?
タンクカバーを外せばカヤバ製のステアリングダンパーがお目見え。

フロント周りだけお見せすると、こんな感じです。動物に例えるとCBRはウサギみたいなバイクですね。ウインカーミラーをたたむとよりウサギに見えてきます。
またこのウインカーミラーにはポジションも埋め込まれているのでウインカー球交換の際には、同時にポジションも明るいものに変えても良いかもしれません。


ネコ型ロボットならぬ、ウサギ型ロボット。
ウインカー球はミミックバルブがオススメです。中のオレンジが見えなくなってカッコイイですよ!

あまりカッコよくないので早く社外品のマフラーが出てきて欲しいもんです。
排気口は二つ。アイドリング時には、小さい方の穴から排気を行い、非気圧?もしくはアクセルの開度?によって大きい穴の排気バルブが開き排気するシステムに。
機能的に優れていると思いますが、このマフラーの難点を発見しました!マフラーそのものがカウルと一体化したデザインになっているためにノーマル以外のマフラーを装着すると何だか下回りが物足りなくなってしまいます。いかがなもんでしょうか・・・


騒音対策?でしょうか、日本でバイクを販売、乗るにはこんな事までしなくてはならなくなったと考えると、面倒くさい世の中になったもんです。まあ環境を考えるとこの様なカバーがあるほうがいいのかも知れませんがメーカーも大変ですよね・・・前向きに考えてこの様な樹脂パーツがあるんだから、これにメッキをかける事でも考えておきましょうか。色を塗っても良いかもしれませんね。
ナンバー台にしてもカスタムパーツメーカー泣かせです。まるでアメリカの宇宙船艦をイメージさせるデザインです。どうやってフェンダーレスにしましょうか?


右も左も同じようなカバーで本体が覆われています。
スタートレックとかムサイみたいな感じです。ちなみに分解は出来ません。

最後に個人的にCBRを買うかどうかで考えますと・・・無いと思います。が今あるスーパースポーツでは一番じゃないでしょうか!メーカーから出される新製品に期待しましょう!!


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!