08BUSA ニュースクールカスタム日記 牧野様編其の弐

08BUSA ニュースクールカスタム日記 牧野様編其の弐
2008-07-14 10:00:32
浦安店:安冨 真弥
異常気象。最近の天気はとても不安定ですよね、一体いつ梅雨が開けるのでしょうか?もう開けているのでしょうか?でも最近の雨は夜中に降って日中は晴れるのでお店としては助かります。蒸し暑い日は続きますが頑張っていきましょう!!



ダイヤカットしてあるのでハンドルが丸見えですが、このバーにアルマイトで色を付けるとカッコイイかも。
今回はハンドル周りに注目していきたいと思います。装着する部品はビレットグリップにEXCHANGEハンドルスイッチ、ビレットレバーの装着です。
先ずはビレットクロームグリップから、今回使用するのはKICKSさんのグリップです。KICKSさんと言えばビッグスクーターのカスタムでも名の知れたメーカーで、そこからハヤブサ用のグリップをリリースしているのでそちらを装着しました。グリップエンドはスパイクをカットしたデザインになっており安全性においても安心できます。


続いてはRMW製のパイソンレバー。こちらは以前紹介させていただいた商品ですが、今までのホールタイプとはまったくデザインの異なる新型レバーです。
レバーの後ろ側にはボールカットも施されており高級感あふれています。実際の握った感じは手の小さい私では少しレバーが遠い気がしますが普通の人にはジャストフィットすると思います。


以前新製品紹介させていただいたパイソンレバーです。
装着するとこんな感じです。レバーの後端が折り返しているので滑ってもスッポ抜けません。

現物を見るといかに綺麗かわかります。
次に当店オススメのEXCHANGEパーツ、ハンドルスイッチです。色んな所にメッキを施したけどスイッチだけは・・・そんな人の悩みを解消!!
ノーマルのプラスイッチにクロームメッキを施しているため質感等は普通のメッキ同様です。もちろん触った感じもひんやりします。くどいようですがメッキです。メッキ塗装ではありませんので、間違いの無い様・・・(少し高いですけど後悔しません)



最後はコレを紹介。RMW製の新型フロントフォークキャップです。装着はいたって簡単なので作業ついでに彼にモデルになりつつ装着してもらいました。
一見とがっていて危険と思われがちですが、実際にはそこまで鋭利ではありません。またトップキャップに装着するため他人に迷惑はかけないですし、万が一転倒しても自分が刺さる事は無いでしょう。
アクセントにこう言う悪なパーツを装着する事でニュースクールの本場西海岸風に仕上がると思います。
モデルは作業指名率の高い熊谷君です。


手タレだと喜んでいましたが、顔が写っているので手タレにはなれません。
装着は簡単ですが、ネジがかみ込みやすいのでカッパーコンパウンドをしっかりと塗布しています。

最後にお決まりの紹介です。


メインで作業を担当している山崎です。
手タレの熊谷です。
ニュースクールカスタムの担当の安冨です。もちろん牧野様を担当させていただいています。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!