少しだけ気に入らないところ(モタード復活祭6)

少しだけ気に入らないところ(モタード復活祭6)
2008-06-26 23:39:21
浦安店:小高 敏男
ども!お久しぶりです。梅雨時期はなかなかバイクに乗れずいらいらしている方も多いのではないでしょうか?さてさてHusqvarnaSMR450レポートもやっとやっとカスタム編にこぎつけました。長かったですねー。って実はもう実車のほうはいろいろパーツもつけて着々と自分仕様になりつつあります。でもコレをご覧になっていただいてる皆さんには順を追って紹介していきたいと思いますのでじっくりお付き合いくださいね(じらさないでっ)。


アップ過ぎて全体像がわかりにくいですが・・・ノーマルです。
皆さんは愛車のカスタムってどんな所から手を付けていきますか?恋焦がれてやっとこさ手に入れた美しいマシン・・・ずっと眺めていても四六時中乗り回していても飽きないもんですがしかし!ちょっとだけ『気になる』ところってあったりしません?ほんとに些細なところなんですがそこだけ妙〜に『気になる』・・・
カスタムってそんなところから始まるんじゃないでしょうか。それは人それぞれ違うもの。例えばグリップの握り具合だったりブレーキの効き具合だったり。僕の場合は『ウインカー』でした。


2個1セット¥4410にて販売されています。電球のウインカーからLEDにするには専用のリレーが必要です。
形はそんなに悪くはないのですがちょっと安っぽいんです。北京チックというか(わかります?)レーサーがベースですから電装パーツなど『取って付けた』感はむしろ歓迎なんですけどこのウインカーたるやえらく存在を主張しながら安っぽいのが許せませんでした。しかも電球だし・・・このエコの時代やっぱりバイクも省エネでしょ。光モンはLEDじゃなきゃって!
そこで僕が選んだのはダートフリークさんから発売されていますDRC「MOTOLEDフラッシャー」シリーズのType-602です。MOTOLEDフラッシャーには丸・三角・四角といろんな形がありますがそんな中でもヨーロッパ車っポいイメージが気に入ってこの形にしました。


ハンドガードの取り付けを考えてフロントは少し低めにセットしました。カッコ良くなったでしょ!
取り付けは至って簡単。まさにノーマルを外して付け替えるだけです。取り付け軸の大きさもいっしょなので作業はささっとすんでしまいました。(実はギボシの作り替えやらリレーの交換やらで電気知識の無い方にはちょっと難しいかもしれません。でもレーシングワールドのピットスタッフならそこら辺はバッチリ!さささっなのです。)


こんな感じで気になったところから少しずつカスタムを進めていきたいと思います。もちろん走りに必要なパーツも付けなくっちゃですよね。皆さんも気になったところがありましたら当店のスタッフに何でもご相談下さい。さーて次は・・・いきなりパワーアップ変化!


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!