見たまえ!この脚線美!?(モタード復活祭4)

見たまえ!この脚線美!?(モタード復活祭4)
2008-06-16 08:45:58
浦安店:小高 敏男
今回はこのイタリアの至宝の足回りを紹介したいと思います。まだまだカスタムには進めません・・・?


インナー径は50mm。当然ですが圧側伸び側調整を備えています。使い切れないです。
抜群の旋回性能を発揮する要となるフロントフォークですがイタリアのMARZOCCHI社製(マルゾッキ・聞いたことありますよね・・・誰ですか『懐かしー』なんていってらっしゃるのは。最近では自転車のサスペンションでも超有名になりました。)がおごられています。最近は輸入車でも日本製のサスを使用しているメーカー多いですよね。それだけ信頼度が高いということなんでしょうがハスクはあえて本国製をチョイスしています。こだわりでしょうか?


圧側にはHi/Low独立の減衰調整が付いています。これもちょっと使い切れないかな・・・
替わってリヤショックです。『SACHS』ザックスと読みます。こちらはご存じない方多いのでは?なんとドイツ製でF1などにもサスペンションやクラッチ関係のパーツを供給しているメーカーらしいです。フロントとも合わせることなくここにもこだわりが感じられます。「いいものだけを世界から」ってところでしょうか。


正真正銘の『Made in Japan』。お帰りなさい。
最後は路面と語り合う重要なパーツ・タイヤです。ようやくめぐり合えました日本製パーツ!DUNLOPのモタード専用タイヤ『D253』を純正装着しています。DRZのときもお世話になっていましたが街乗りからサーキットまでオールラウンドに使って悪いとこなしのい〜いタイヤなんです。温まりも早くてダートセクションでも不安のないパターンを持ったタイヤ担当からもお奨めできるベスト・チョイスですね、これは。
リム幅はF3.5、R4.25。リヤの細さがちょっと・・・モタスリが履けない!ホイール換えろってことですか。


そろそろカスタム編に移行したいところですがあと一回だけ・・ハイパーパワーを発揮するエンジンを紹介させてください。生まれついてのロードゴーイングレーサーはどこが違うのか?お楽しみに!


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!