08BUSA ウォンウォンカスタム日記

08BUSA ウォンウォンカスタム日記
2008-05-24 09:40:43
浦安店:安冨 真弥
宙吊り状態の隼。セ○もビックリ!!
カウル内部にはLEDを仕込んでいきます。出来上がりが楽しみ。
ど〜も〜浦安店の安冨です。今回は現在進行中のカスタム車両の状況を報告させていただきます。車体は08年式のBUSA!しかもピカピカの新車!!0kmのバイクをカスタムすることになりました。
装着するパーツは後々に公開してきますが、今回はカスタムの過程であるクロームメッキ前のストリップ状態を激写してきたので色々と紹介していきます。

新品のキャリパーでも、シール類は新品交換必須です!!
今回クロームメッキはフレーム以外のほとんどの部品を加工に出します。ですので1枚目の写真の様に宙ぶらりんの状態に…こんな状態で大地震が来たら終わりですよね。
恐る恐る各部を外しクロームメッキを出すことになった部品がスイングアーム、スイッチ、フロントフォーク、キャリパー、ボルト、ステー類でかなり多くの部品を加工することになりました。
先ずはキャリパーを分解。最新式と言うだけあってピストンはアルミピストンを採用していました。


つぎにスイングアームとリアキャリパーを分解。スイングアームのベアリングを分解。ハヤブサはニードルベアリングなので取り外しが大変。結局ベアリングプーラーを使用してハンマーで殴りまくって外すことに。組み付けにはプレスが必要なので組上がりまでに会社にプレス機を買ってもらわないと・・・。ため息がでそうです。
リアキャリパーは何も考えることなくあっという間にバラバラになっていました。


ベアリングを抜くのが大変でした。でも仕上がりを考えると妥協できません。
スイングアームをメッキするついでに出してしまいましょう。

次はハンドル周りのスイッチとマスターシリンダーをメッキに出すことに。レバーやトップクランプは社外品を装着するのでクロームはしません。
メッキを出すのも一苦労ですよね。でもこれをポリッシュしてクロームをして頂くメーカーさんに比べたらまだまだなので頑張ってバラバラにしないと失礼ですよね。
それとディスクローターのボルトを大量に出荷しちゃいます。のちに入荷してくる綺麗なホイールのために。


分解したマスターとスイッチ。スイッチはプラッティングでは無く、質感の高いメッキに!!
3台分のボルトで合計48本のディスクボルトをメッキに。
次なる部品はこの円盤。モトマスター製フレイムディスクのインナーローターだ!こちらは一つ一つピンをサンダーで削り落としこの様な状態に。ただしモトマスターからリペアーでフローティングピンが出ていないので、メッキの後はプラスμにてピンを作成していただきます。
そして最後にフロントフォークのボトムケースをメッキ加工に。最初分解したときにスライドメタルが無いのにびっくりしましたが、最新式と言うだけあって軽量化やフリクションの事も良く考えたうえでの構造でしょう。
もちろんインナーパイプはブラックのままです。

インナーローターだけにすると何だか間抜けですよね。出来上がりが楽しみです。
インナーパイプにはKYBのロゴが掘り込んであり高級感あふれています。但し分解しないと見えない位置に掘り込んであります。
以上で今回メッキに出すパーツは終了です。入荷したときにメッキの写真をアップしますので楽しみにしていてください。
それと浦安店では、08 ハヤブサのハンドルスイッチのエクスチェンジ(下取り交換)を開始します。こちらは浦安店の小松のCBR600RRサイドカバー同様にプラに本物のメッキをかける高級感あふれる仕上がりになる予定です。
こちらも出来上がり次第ご報告していきますのでご期待ください。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!