第六回 サーキットへ行く為には

第六回 サーキットへ行く為には
2008-04-07 11:36:00
高槻店:木寅 泰孝
毎度!高槻店、サーキット担当木寅です。今回は、サーキットへ走行に行く為、オートバイを搬送するのに必要な「トランポ(車)」の紹介です(^0^)先日のCIRCUIT EXPERIENCEに、参加した際に、当店スタッフが乗って来ていた車などを紹介します!


トランポと言えばやっぱりコレ!トヨタのハイエースです。大型のバイクを2台積んでも、5人乗れるという驚きの広さです。新型は、燃費も、よく快適ですよ(^0^)
広々とした、空間で雨にも、濡れないので安心です。

トランポ兼ファミリーカーとして使うなら、コレ!ホンダ ステップワゴンです。(RWのスタッフも、多数使用中です。)セカンドシートさえ取り外せば、CBR600RRも乗せれますよ。台数も多く、探せば掘り出し物も、きっと見つかりますよ!
バイクを、外に出せば、ゆっくりできる空間になりますよ!

マイトランポは、ちょっと厳しい!というお客様!レンタカーという手もあります。例えば4人で、4台を積み込むときは、2tワイドロングぐらいがいいと思います!みんなで割り勘すると、1人¥6,000位でいけますよ(^0^)
積み込みに、慣れが必要ですので、初めての人や不安な方は、お気軽に、ご来店下さい(^0^)V上手に、積み込むコツをお伝えしますよ。

ここからは、実際バイクを積み込む際に、必要なアイテムの紹介です。
詳しい使い方や、お値段などは高槻店 サーキット担当木寅(きとら)までどうぞ。


バイクを、動かなくする為の「タイダウンベルト」です。カムバックルタイプとラチェットタイプの2種類があります。カムバックルタイプは、軽くて、値段がお手頃です。ラチェットタイプは、少ない力で、しっかり締め付けできますよ!オススメは、ラチェットタイプです(^0^)
バイクに、タイダウンが当たってキズがつかないように、バイクとタイダウンの間をつなぐアイテム「サブベルト」です。コレがあるだけで、バイクの固定が、楽々出来ます!
次世代のタイダウン エトスデザイン製「究極のタイダウン」です。簡単に、言うとタイダウンとサブベルトを1つにした便利アイテムです。
バイクを積むときに、向きを変えたり、タイヤを持ったり、手に力を入れるときが多いんで、そんな時は、魔法のグローブ「メカニクスグローブ」がオススメです。このグローブをつけると手の力が
セパハン車を積み込むのに便利なアイテムです。セパハン車は、ハンドルとカウルが近いのでなかなかタイダウンで止めにくいのですが、このタイダウンは、グリップに左右からタイダウンを引っかけて、フロントフォークに力をかけれるので、しっかり車体を固定できますよ!
ミニバイク&オフロード車を積み込むならコレ!DRC製「ハイブリットラダーレール」です。特徴は、「軽い」「安い」です。アルミのラダーに比べて、とても軽いので持ち運びが楽チンです。お値段も¥9135〜と大変お買い得になっておりますよ!ただし、ビックバイクやタイヤが太いバイクには、使えませんので、注意してくださいね。(ラダーがしなって折れる可能性があるため)
フルカウル車や、ネイキットで4-1のマフラーをつけているなど、積み込む際に「車高(バイクの底打ち)」が気になるお客様!キジマ製「METAL FIELD」がオススメです。ラダーレールがアーチ形状になるいるので、底打ちしにくいようになってます。脱落防止ベルトも、付属されていて、積み込みも安心ですね!


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!