モタードといえばRWU!!新製品の案内です。

モタードといえばRWU!!新製品の案内です。
2008-03-17 18:53:38
浦安店:安冨 真弥
10年近く前にギドンドールのビデオを擦り切れるぐらい見てボリスシャンボンに憧れCRF450を初期型新車で買いまだ誰も(RW内で)挑戦していないころからモタードにどっぷり浸かっている安冨です。
社内のブログを色々な角度からお伝えしていましたが、モタードブログは今回が初です!

さて今回紹介させていただく新製品はダートフリークオリジナルブランドのZETA(ジータ)のPIVOT PERCHと言う商品の紹介をしたいと思います。

この商品はクラッチワイヤーのアジャストを工具無しに簡単に調整で来る代物です。本体はアルミCNC加工で作られとても精度が良くリニアなクラッチタッチをもたらしてくれます。実際に手にとっていただけるとその精度のよさが伺えると思います。
以下からは、その細かな部品構成等を紹介していきます。


こんな状態で梱包されて入荷してきます。高級感あふれるパッキングです。

こうしてアジャストパーツを二種類入れてくれるとありがたいですね。
それではここから細かい部品の紹介です。先ずはアジャスターの芯となるこのネジの部分。普通こういった部品の入れ組の中には1サイズしか入っていない事が多いのですが、流石はZETA色んな車両に装着可能なように2サイズ用意してくれています。


意外と馬鹿に出来ないこの部品。ハンドルの固定具合もよくなります。
続きましてはこのカラー。でも単なるカラーではありません!ハンドルバーとホルダーの間にこのナイロンスリーブを入れることにより、転倒時にホルダーの破損をスリーブが回転し守ってくれるのです。
実際に私もモトクロスで幾度と無く破損して迷惑をかけた記憶があります。


可倒式のレバーに加え、ベアリングも内臓になりました。
そしてこの商品の一番おきに入りの部分がこのパーツ。PIVOTレバー!しかもこのPIVOT PERCHの3フィンガーレバーのみに採用されているのがベアリング内蔵レバーです!
PIVOTレバーだけでも握り心地が良いのに、さらにベアリングが付くことで抵抗無くレバーを引くことが可能になしました。


この赤の部分が青の設定もございます。
次は心臓部とも言える大型のクイックアジャスター。ダイヤルの部が大きく確実に指先にフィットするためすばやくダイヤル調整が可能に!
カラーはREDとブルーのアルマイトが設定があり他社のものと比べても動きのよさはダントツです!!


ボルト一本で着脱が可能なクイックリリース構造で転倒時にハンドルが曲がり交換になってもいち早くコースに戻ることが可能な作りにしてあります。
またここに先ほどのナイロンスリーブが挟まる構造になっています。
Zのマークのカッコイイラバーカバーは泥やほこりの進入を防ぐように作られています。
またレーサーにはホットスターターが付けられるような構造になっており、別売のキットを買えば装着可能です。


ボルト一本で右の様な状態になり、ハンドル交換が容易に!
開いた部分の裏側五本のネジ部にホットスターターが付きます。

こちらがオススメセットです!いい動きしますよ!!
以上で今回のPIVOT PERCHの紹介ブログは終了ですが、最後にDRZにお乗りのお客様でクラッチが最近重いとか感じてませんか?そんな方に右の組み合わせが今最もオススメです。ステンレスケーブルで伸びも少なく切れにくく、さらにパーチでクラッチも抜群に軽くなります!
すでに何人かの人に付けていただいていますが本当にオススメです!!
価格はパーチで¥15,540です。いい値段だと思いますよ!!


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!