4mini最強化計画!

4mini最強化計画!
2008-03-05 17:40:33
伊丹店:主原 幹久
これは河田様が所有されていた愛車のDREAM50です。今回登場するバイクとは別のものですが、このマシンも結構カスタムされているので、別の機会にじっくりご紹介しますのでお楽しみに!
コトの発端はお客様の河田さんが所有されていたドリーム50をカスタムしたときに余ってしまっていたノーマルのシートとタンクをどないしようか?という何気ない会話から始まり、さらに余っていたフレームや色々なパーツを集めだしたら、「もう一台できるやん!」なんて事でスタートしたカスタムです。で、二人で話が盛り上がるうちに「レーシングワールドのデモ車を作ろう!」とか、 「なんやったら最強のマシン作ろうぜ!」という具合に妄想が膨らみ、気が付いたら凄いことになっていました(笑) これが2004年の秋のことで、翌年の鈴鹿4ミニパラダイス(モトチャンプ主催)に参加することを目標にゼロから創り上げた車両なのです。
その後色々な雑誌でも取り上げていただいて、かなり有名な車両になりましたが、今でも問い合わせをいただくことが多いので、今回はこの4mini最強マシンの製作秘話をご紹介したいと思います。


まずはエンジン作り!
最高のエンジンといえば....パーツを厳選して....

腰下は
SP武川6速ミッション
SP武川乾式クラッチ
SP武川オイルポンプ


もちろん、市販されているパーツを組み合わせて作ったエンジンでは面白みが無い!ということでワンポイントとして油圧クラッチプレート(RWオリジナルワンオフ¥57000)を製作しました。しかも河田様の断わりナシに勝手に...(笑)けど本人は怒ることも無く逆に大喜びでした!

ひとまずエンジンをフレームに仮組みした状態。腰上は当時SP武川のステージ2が最高峰でした。JRPのヘッドカバーも装着。

フレームの紹介もしておきましょう!ドリームのノーマルを知ってる人には不思議に見えると思いますが、隋所に補強を入れています。この写真では8箇所しかみえないですが、合計11箇所の補強、なにしろ前代未聞の最強を誇るパワーに耐えられるフレームにしなればなりませんからね。
さらに、フレーム内部にウレタンを注入して強度を高めるか迷いましたが、ガチガチにしすぎても逆にフレームにクラックが入る恐れがあるのでこのままメッキに出しました。

ファルコンの12インチホイールにブレーキングのディスクローター、ベルリンガーラジアル4POTメッキをRWオリジナルサポートで入れました。フォークはもちろんKSR倒立フォークをボルトン強化スプリング&イニシャルアジャスターで武装してます。
リアもホイールはファルコン。キャリパーはベルリンガー2POTメッキ。マスターシリンダーもベルリンガーで揃えてRサスにはウィルバースを入れました。
ハンドルはSANSEIドライカーボンのセパハン、マスターはもちろんベルリンガーのラジアルを左右ブレーキ、クラッチにも入れました。メーターはモンキーRのカバーにSTACKのSTR700を入れました。メーターはすごく迷ったのですが最高級の物を...てことで決めました。なんとこのメーター1個でモンキー新車で買える値段です!(驚)
ちなみに、エンジンをドリームベースじゃなくAPEベースにしたのはAPE系のエンジンの方が圧倒的にアフターパーツが多く、純粋に速いエンジンを作るのに最適なベースだったからです。

妥協せずパーツ選び、取り付けしていくのはほんとにおもしろい!
RWオリジナル削りだし油圧クラッチとベルリンガーのラジアルマスターは「ほんとにクラッチ切れてるの?」って疑いたくなるほど超カルイです!握ったらビックリしますよ(笑)

マフラー(もちろんワンオフフルチタン!)この車両の為に製作。美しいアールを描きフルテーパーで仕上げたセンター出しマフラーです。キャブはヨシムラTMR-MJN28パイ。
この当時はこのサイズのキャブはラインナップが無く、使えるパーツ探しにかなり苦労しました。で、実際にはマジェスティ125用を流用しています。当時、マジェ用が使えるなんてことに気が付いたのは私だけ(...のはず)です!といっても今ではNSF用でFCRまであるし、楽な時代になったもんですね...。

日付を見てびっくりでしょ?そう、目標にしていた2005年の4ミニパラダイス直前です(笑)それでこの状態だから、笑い事で無いくらい切羽詰まってました。制作からあがってきたパーツを組み上げながら微妙なズレなどの調整作業...すべてゼロからつくるだけあって、本当に大変なんです。エンジンハンガーや、マニホールド、ガソリンコックの移設など細かいところもちょくちょく手を入れていきました。

右の写真の状態で、ようやく全体像が見えてきました。するどい人は気が付いたかもしれませんが、一番最初にこのバイクを制作するきっかけになった「余ったノーマルのタンクとシート」は結局使いませんでした!タンクとシートどころか、使ったのはフレームだけ...?最強にこだわるあまり、当初の話をすっかり忘れていた河田さんと私でした(汗)



実は最後の最後までテール周りができてなくて亀山インターのコンビニの駐車場でなんとかカタチにしました。
寝てません....(笑)

前日入りでショップ撮影会!この年はこの河田さん号と私のフォア仕様のゴリラを持っていきました。

三栄書房さんの4MINIちゃんぷ9に載った記事です。レーシングワールド初デビューです。スゴすぎて一般のお客様よりメーカーさんやSHOPさんにスゴイ印象をあたえました。のちにこの車両についての問い合わせは凄いものがあり一時期大変でしたよ(笑)

そしてこの記事の左下に小さくポツーンンと写ってる私のゴリラ。これがカスタム魂に火をつけました!...というのもこのゴリラは、フォア仕様にこだわり続けて10数年スタイルを変えずにいたバイクだったのに、雑誌では「10年選手」的な紹介をされ、正直かなりショックでした。こうなったら、みんなが驚くバイクにリニューアルしてやるぞ!このゴリラも今では当時の面影もないくらいにカスタムされているので、いつかまたご紹介させていただきます。

360度どこから見ても見所たくさんのしかも妥協ナシのパーツ選び、自分で言うのもなんですがこれだけのパーツを何にも無いところからこんだけまとめるセンスはスゴイと自負してます(笑)言いすぎかな(爆)

ここまでやってて抜かりなく夜も目立つようにグローマスターを入れてます!7色に光るのでその時の気分で
変えれます。このほかにヘッドライトとエンジン後方にストロボを2発入れてます!

最近ではNEWSCHOOL系カスタムのブームが来て、メッキ&イルミネーションが人気ですが、4ミニはとっくに時代の先端を走っていたということですね(笑)

ちなみにこの河田さんのドリームのその後ですが、まだまだこれで終わっていません、今でも進化中です!というわけで次回は2006年仕様の日記を予定してます!こうご期待!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!